フリーワード検索

話題

2015/11/29 09:47

1日早く山手線の新型車両に乗ってみた 「E235系」の注目ポイントはココだ!

Posted by 福岡誠

2015年11月30日に営業運転開始で注目の高まるJR山手線の新型車両「E235系」

そのデビュー1日前の11月29日、この「E235系」乗車ツアーが行われ、筆者もツアーに申込み、参加してみました。

一般客を乗せた初の運行は意外にも『山手線ではない』路線で行われました…!


【2015.11/29 22:00】記事・写真更新完了しました。


11月30日に営業運転を開始する山手線新型車両「E235系」

11月30日に営業運転を開始する山手線新型車両「E235系」


山手線の新型車両「E235系」とは!?


最新の技術開発成果を取り入れた次世代通勤電車で、山手線としては13年ぶりの新型車両となります。


山手線新型車両「E235系」 車内

山手線新型車両「E235系」の車内


詳しくは既報の『姿を現した「E235系」 山手線の新型車両はココがすごい!』を見て頂くとして、さっそく試乗ツアーの様子や、実際の車内での注目ポイントをご紹介します。


ツアー集合場所はJR横須賀線の「横須賀駅」


今回の乗車ツアーは「品川~鎌倉」間または「横須賀~品川」間の2種類。

”デビュー前の試乗”のみならず、”山手線の車両が乗客を乗せて横須賀線を運行”という意味でも貴重な機会となりました。



筆者は2便目の「横須賀~品川」間に乗車。横須賀駅から、山手線新型車両「E235系」ツアーのスタートです。


E235系 ツアー

「E235系」乗車ツアー受付


受付をすませます。ファミリーや女性客も多く見受けられ、”山手線の新型車両”の注目の高さを感じました。


E235系パンフレット Suicaホルダー

E235系パンフレット・Suicaホルダー


記念品として「E235系」のパンフレットと、「E235系Suicaホルダー」を頂きました。


E235系のパンフレット

E235系のパンフレット


パンフレットの中身の様子です。



横須賀駅のホームへ向かうと2番線の案内表示に「山手線新車E235系」の文字が。


E235系 横須賀駅 2

横須賀駅に入線する山手線新型車両「E235系」


横須賀線横須賀駅に山手線新型車両「E235系」が入ってきました。



「横須賀駅」に山手線が止まっている光景はレアですね!

「E235系」では、山手線で設置が進むホームドア越しでもラインカラーが分かるよう、ヨコではなくタテのデザインになっています。



行先表示は「臨時」で入線。発車時には「団体」になりました。


いよいよ乗車


山手線の新型車両「E235系」 車内

山手線の新型車両「E235系」の車内


いよいよ、新型車両の車内に入ります!



車内は新車独特の匂いがします。



まず、全体を見渡した第一印象としては、思っていた以上に”つり革”や”座面”の「みどり」色が効いていて車内全体が爽やかな印象を受けました。


車内のポイントや感じたことなど


初乗車ということで、「E235系」車内を中心とした注目ポイントを細かくみてゆきます。


座席



座席はグレーとグリーンで、従来の山手線より明るいトーンになりました。座席幅も各席1cmずつ広くなっています。


座席仕切り



座った視線から。座席の端の仕切りが大きくなりました。また、半透明とすることで車内全体が広く見えるようになっています。


吊り手こそ最新技術



写真手前の吊り手に注目してみましょう。座席仕切り部から向かいの仕切りにかけて”くねっ”と繋がっており、天井近くでは”ツノ”のように車体両側面に繋がっています。



これは「内装ロールバー」といい、車体強度(安全性)と乗り心地の向上の新技術なのです。


ドット模様のデザイン



前面デザイン同様に、車内の床や乗降ドアにも”ドット模様”のデザインが施されています。



車内液晶画面の拡充



乗降ドアの上に加えて、側面の窓の上(荷物棚付近)にも広告用の液晶画面が設置されています。




号車をまたぐドアの上にも、液晶画面が設置されています。個人的には、この液晶がよく目に留まりました。


紙の中吊りも共存



液晶画面のみならず、紙の中吊り広告スペースも設置されています。


空調も進化



冷房運転では次の駅の乗車率を予測し、必要に応じて車内を予冷します。また「ナノイー」方式の空気清浄器も内蔵しています。



車端部の壁には号車番号と車号が書かれています。


優先席の増設、フリースペースの新設


E235系のフリースペース・優先席

「E235系」のフリースペース・優先席


すべての号車に1か所ずつ設置された「フリースペース」(写真左)と、各号車両車端部に設置されるようになった「優先席」(写真右)です。


「E235系」のフリースペース

「E235系」のフリースペース


フリースペースには2段の手すりや非常通報装置が設けられ、窓と垂直の壁には腰当てのクッションが設置されています。



実際に乗ってみると、通常のエリアとフリースペース・優先席エリアは壁の色が異なるほか、床全体も赤系になったため、エリアの棲み分けがより明確になった印象です。


武蔵小杉を通過し、終点品川駅へ



「E235系」が普段通ることのない「武蔵小杉駅」を通過。新幹線や横須賀線と間近にすれ違います。



いろいろと観察しているうちに、終点品川駅に到着。横須賀駅~品川駅の1時間の旅もあっという間に終了してしまいました。


”進化”は見えるところだけじゃない!



乗客として普通に乗る際には実感しづらいポイントですが、「E235系」は機器関連の技術進化こそ大きなポイントの1つです。



たとえば主要な機器を二重系統化し、万が一その機器の片方が故障しても運転を継続できるように。

また車内外の情報ネットワークを強化し、常に機器類の状態監視を行い、故障の予兆を把握したり事前に対処することができるようになっています。



終点品川駅では、JR常磐線の特急「ひたち」号とも顔を並べました。








「E235系」乗車動画


※カメラ撮影の合間の手持ち撮影のため、多少ブレ等があります、ご了承ください。


①:横須賀駅発車・車内探検(解説放送つき)



②:逗子駅到着/発車・走行音(解説放送つき)



③山手線の運転最高速度(95km/h)を超える高速走行~品川駅到着~ドアが開くまでのシーン。



関連記事:姿を現した「E235系」 山手線の新型車両はココがすごい!(2015年3月記事)



好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ








  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび