フリーワード検索

鉄ガール

2016/05/16 18:29

北海道開拓の村で馬車鉄道に乗ってみた

Posted by 小春

JR札幌駅から快速で約10分の新札幌駅。そこからバスで15分の所に「北海道開拓の村」があるのをご存知でしょうか。



映画やドラマなどでみる、馬が線路の上の車両を引っ張る「馬車鉄道」があると聞いてやってきました。


早速「北海道開拓の村」に入ってみる



エントランスです。北海道百年を記念して設置されたこの「北海道開拓の村」は開拓当時の情景を再現展示している野外博物館です。



敷地内には開拓当時の建物を移設展示したり、再現展示されています。



まるで明治・大正時代にタイムスリップしたかのよう!


馬車鉄道!



美しい並木道ですが、地面をよく見ると線路らしきものが…!?



おやおや、あれはもしかして…



馬車鉄道がやってきました!



迫力があってかっこいいです!そして力強さを感じます。



駅にピッタリ停車。



馬は切り離し作業を行い、そのまま回送されていく様子がなんともシュール。



小さな車体が1両ポツンと止まっています。これだけ見ると動くようには見えません。



小さいとは言っても大人10人以上は乗れそうな車体。本当に馬一頭で動くのでしょうか。



いよいよ乗車してみます。モダンな格好をした女性車掌さんに運賃を渡します。



客車は昭和56年製。開拓当時の客車を復元したものなのですね。



馬と連結作業ののち、御者(ぎょしゃ:馬を操る運転手)が乗り込み発車準備。



いよいよ出発。走り始めはどんな感じかなと思いましたが、とっても「ゆっくり」動き始めました。

乗客が結構乗っているにもかかわらず、意外にも軽々と進みます。



そして走り始めると思ったより速くてビックリ。これが本当の“1馬力”!?


車内から見ていると周りの人たちからの注目の的でした。馬のおしりがカワイイ!



5分ほどで終点に到着。また馬は切り離され“単機回送”してゆきました。



馬車鉄道の時刻表です。多い日は15往復以上運行することも。



折り返し乗客を待つ客車。



その間、馬は車庫に入庫(!?)。



く、草を食べている…!!



ちなみに「北海道開拓の村」には馬車鉄道以外にも森林鉄道機関庫もありました。




敷地は広々としていて、開拓の歴史を学べるほか、グルメも楽しめます。開拓の村名物『いももち』や『屯田兵定食』がオススメです。



撮影:小春


北海道開拓の村 - 公式サイト



@tetsudoshimbun - 公式Twitter

鉄道新聞Facebook - 公式Facebook



「鉄道新聞」は登録商標です。







  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび