フリーワード検索

話題

2014/05/21 15:06

JR西日本、豪華寝台列車の概要を発表 展望デッキや1両に1室の最上級個室も

Posted by 鉄道新聞

JR西日本は21日、新たな寝台列車の概要を発表した。
1両あたり1室のみという最上級個室や、オープンデッキの展望スペース、食堂車、ラウンジカーなどを設ける。


2015.2.19追記


列車名は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」に。
関連記事:「トワイライト」次世代へ 西日本の新たな寝台特急名は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」に


JR西日本 豪華寝台列車

最上級個室のリビングのイメージ


列車コンセプトは「美しい日本をホテルが走る ~上質さの中に懐かしさを~」。

車両のインテリアを中心とした全体デザインについては、京都迎賓館をはじめ各種迎賓施設などに携わり空間デザインに造詣が深い、浦一也氏が、車両の外観デザインについては、寝台列車やN700系新幹線をはじめ数多くの鉄道車両のデザインを手がけている福田哲夫氏が手がける。
また列車での食事については、食の権威として数多くのメディアで活躍する門上武司氏が手がける。

運行開始は2017年春(予定)、運行エリアについては当面は、京阪神~山陰・山陽・瀬戸内エリアでの運行を予定している。


JR西日本 クルーズトレイン

展望スペース付先頭車イメージ。最後尾になる際はオープンデッキにも


車両は客室車6両と、パブリックスペースである食堂車1両・ラウンジカー1両・展望スペース付き先頭車2両(編成の両端)からなる10両編成

動力方式には、ハイブリッド方式(ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動)を採用する。

客室は2クラスの客室(1両あたり1室と3室)を用意、定員は30名程度となる予定。

編成の両端に設けた展望スペースからは列車の前後左右の車窓を楽しめるほか、列車後方ではオープンエアのデッキからその土地々々の風や香りを感じることができる。


JR西日本 豪華列車

最上級個室は1両に1部屋のみ


JR西日本 豪華列車 バスルーム

最上級個室のバスルーム バスタブも備える


JR西日本 豪華寝台特急

1両3部屋タイプの個室


豪華寝台列車、続々


2013年10月にデビューした、九州を周遊する「JR九州」の豪華寝台列車「ななつ星」は平均倍率約30倍の人気列車。
移動手段としてではなく、沿線の魅力を豪華列車でゆっくり巡る「クルーズ型」が人気を博している。

今回概要が発表された列車は「JR西日本」の豪華寝台列車で、同社管内の沿線であり、特に世界遺産などの歴史・文化が豊かな地域、景色の美しい地域である京阪神~山陰・山陽・瀬戸内エリアを周遊する。

また、「JR東日本」も2016年春以降より、「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をコンセプトとした豪華寝台列車(クルーズトレイン)の運行を予定しており、国内の様々なエリアで”列車グルーズ”を楽しめるようになる。



画像提供:JR西日本



関連記事:「トワイライト」次世代へ 西日本の新たな寝台特急名は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」に


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ