夏は子どもプランも!上越の『超展望』観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」に乗ってみた

  • 公開 2019.07.28

2019年7月28日、新潟県・えちごトキめき鉄道の観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花(せつげっか)」<以下、「雪月花」>に乗ってみました。その様子を写真を中心にレポートします。


雪月花

雪月花


雪月花って?


新潟県の左下のほう、上越・妙高エリアを走る、国内最大級の大型窓から海と山、両方の景色そして新潟の食を楽しめるリゾート観光列車です。



インパクトある銀朱色のボディに「雪」「月」「花」がデザインされていて、車内は和モダンなデザインになっています。


また車内外の随所に、燕三条地域の金属加工品や塗装技術・越後杉・瓦など、雪国である新潟県ならではの素材がふんだんに使われていて、見どころでもあります。


列車の詳細は、雪月花公式ホームページをご覧頂くとして、早速今回の旅の紹介です。


今回は午前便(上越妙高→妙高高原→糸魚川)


雪月花は土休日を中心に運行。午前便と午後便があり、今回は午前便に乗車します。


えちごトキめき鉄道の路線図(同社ホームページより)


えちごトキめき鉄道は山側を走る「妙高はねうまライン」(緑色)と、「日本海ひすいライン」(青色)の2路線があります。


午前便は、路線図の右真ん中「上越妙高」駅を出発し、下の「妙高高原」駅へ。その後、折り返し「直江津」駅を経由して「糸魚川」駅までの運行です。


夏は子どもプランがある!


食事つきの観光列車の中で子ども向けプランがある列車は意外と少ないのですが、雪月花には夏限定でプランの設定があります。


対象は1歳以上12歳未満の幼児・小児で、料金も大人より安い特別価格となり「子どもプラン」だけのスペシャルランチつき、そして限定特典も!後ほど紹介します。


いざ乗車!





鮮やかな銀朱色(ぎんしゅいろ)の雪月花がやってきました!



車内はとにかく明るくて開放的。


窓が本当におっきい!1枚の窓の長さは約2.3m!その上、この車両の窓は『高さ』もあります。



乗務員室後ろのフリースペースも『超』展望席!



いよいよ発車!各駅で駅員さんなど皆さんがお見送りして下さいます。


まずは『山』の景色を楽しもう



まずはアテンダントさんよりご案内と、ウエルカムドリンクを頂きます。




スパークリングワイン・サイダー・リンゴジュースから選ぶことができます。



雪月花はワンマン運転ですが、「専属車掌」も乗務。走行中の見どころなどを案内してくれます。



発車後(上越妙高~二本木間)は、運転席正面に見える妙高連山が美しい!


スイッチバック駅に立ち寄り




スイッチバックを経て、列車は「二本木駅」に到着しました。ここで19分停車します。



到着ホームでは地元の方々によるおもてなし隊がお出迎え!ホームまたは駅前では地場産品の販売も。



停車中、専属車掌によるミニツアーをしてくださいました。




二本木駅は手こそ加えているものの建物自体は明治時代に建てられたもの。

豪雪地帯なので明かり取り用の小窓があるのが特徴的です。



地下通路は戦時中、防空壕だったそうです。



ミニツアーから戻ると、食事の用意ができていました。



そして二本木駅を出発!



出発後(二本木~関山間)片貝にさしかかると、列車は徐行運転。妙高連峰と田園風景が楽しめます。


雪月花の食事



そしていよいよお食事の時間!



今回乗った午前便の食事は、「ミシュラン二つ星が手がける・越後上越フルコース」。十日町市出身の二つ星シェフ飯塚隆太氏による、新潟の旬の食材を使ったフレンチです。



この夏から一部内容がリニューアル。新潟のお米を使った『てまり寿司』が加わりました!


夏限定!子どもプランの中身は…



「子どもプラン」の食事はこんな感じ!



大人の内容をベースとなしながらもお子さまの好きなハンバーグなども入ってます。



雪月花は妙高高原駅に到着。子どもプランの特典の1つとして、子どもサイズの制服を着て…



停車中の雪月花の運転台で記念撮影ができます!


妙高高原駅で、お買い物タイムと…




妙高高原駅では16分間停車時間があり、駅前で買い物もできます。唐辛子に糀などを混ぜて発酵させた「かんずり」が妙高の名産品ということで、買ってみました。



おや、線路の流雪溝に何かがいる…



鯉!駅長さんが餌をあげてるそうです。


『山』から『海』へ



妙高高原駅を出発。折り返して、今度は日本海方面へ向けて走ります。



鉄橋と、180度湾曲している川は絶景!



雪月花の車内探検!


(一部写真は2016年の試運転取材時のものです)



2号車にはカフェバー「さくラウンジ」があります。



デッキは、壁を曲線デザインにするなど、限られた空間を広く見せる工夫が随所に!



トイレは多目的タイプで、赤ちゃん・子供連れや車いすでも利用できます。



デッキの床はなんと「瓦」!豪雪地帯であるこの地域の「安田瓦」はとにかく耐水性に優れ「滑らない」のが特徴です。



デッキには「のぞき穴」がたくさんあって、ついつい覗き込んでしまいます。とにかく乗っている間も飽きない!


直江津駅で懐かしの駅弁立ち売りが!



雪月花は直江津駅に到着。



ホームには、昔ながらの衣装をまとった駅弁の立ち売りが!記念に1つ買いました。



直江津駅には信越本線の起点駅だった名残があります(0キロポスト)。



専属車掌が「0キロポスト」の案内をしてくださいますよ。



直江津駅を発車、雪月花は「日本海ひすいライン」に入ります。その名の通り、日本海沿いを走ります。


こんどは『海』の景色!



日本海の大海原が見えてきました!



特に景色の良いポイントではちゃんと徐行運転してくれます。



トンネルの中にホームがある珍しい駅、「筒石」駅を通過!午後便では停車し見学することができます。



デザートと食後の飲み物をいただきます。



ここで、雪月花の乗車記念のお土産を頂きました。子どもプランの方はお子さま向けの内容になっています。



北アルプスの山々と海が見える鉄橋、「早川の鉄橋」を渡ります。ココも徐行運転してくれます。



午後便の終点、糸魚川駅に到着。

イベント目白押し、新潟の美しい景色、特産、グルメ、空気、人に触れることのできたあっという間の濃厚な3時間弱でした。


糸魚川駅に来たらココにも寄ろう!


糸魚川駅の中にある糸魚川の情報発信基地「ジオパル」!


館内は大きく「観光インフォメーションセンター」「キハ52待合室」「ジオラマ鉄道模型ステーション」の3つのコーナーに分かれています。



イベントなどの際には、キハ52型気動車が屋外へ引き出されます。ちょうど今日は外に引き出される日でした!


館内は子どもたちに大人気のプラレールも充実してますよ!時間があればぜひ寄りたいスポットです。


どうやったら乗れるの?


上越妙高駅も糸魚川駅も北陸新幹線が通っていますので、東京方面からは一直線で乗りに行くことができちゃいます。


予約は、予約センター(025-543-8988、平日10~17時)にて仮受付後、指定口座に料金振込み、確認後乗車券が送付される流れとなります。料金や運行日など含め詳細は公式ホームページでご確認ください。






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ