【今日の見鉄】JR新宿駅に新型改札機「タッチしやすい自動改札機」現る

  • 公開 2020.02.01

2020年2月1日、JR新宿駅


新南改札に、目新しい自動改札機が姿を現しました。



これは、JR東日本の「タッチしやすい自動改札機」の実証試験の1つで、同改札機はICカードとQRコードの2種類の乗車券への対応を可能としたほか、車いすを利用する乗客のタッチしやすさにも配慮したデザインとなっています。



実証試験では「斜めに配置したICカードタッチ部」と「QRコード読み取り部」のタッチしやすさをはじめ、改札通過への影響を幅広く評価する予定となっています。



新宿駅での実証期間は2020年2月1日(土)~9月30日(水)、新南改札の改札内から見て一番左に設置されています(筆者が行ったときは出口として稼働していました)。このほか3月14日に開業する高輪ゲートウェイ駅でも開業日より9月30日(水)まで実証試験予定で、「ICカードタッチ部」試験は期間中ICカード利用者であれば誰でも利用可能です。







記事内の情報は全て旅行時点のものです。現況と異なる場合があります。


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ