自然災害や列車火災も再現

東海道新幹線「異常時訓練シミュレータ」お披露目

  • 公開 2020.11.13
  • Posted by 福岡 誠

2020年11月13日、静岡県三島市にあるJR東海総合研修センターにて新たに導入された東海道新幹線の異常時訓練シミュレータがお披露目されました。



「異常時訓練シミュレータ」って?


同センターではこれまでの車両故障再現(応急処置)のみならず自然災害列車火災などの異常事態もリアルに再現できるシミュレータを新たに導入。これまで机上での教育・訓練が中心だった『異常事態』も、より実践的な訓練ができるようになりました。


シミュレータは「対話形式訓練シミュレータ」と「自習形式訓練シミュレータ」の2種類があります。


対話形式訓練シミュレータ


講師が指令員役・車掌役となってマンツーマンの対話形式で訓練を実施。講師が運転士の技量に合わせて、異常事態を発生させることが可能です。


今回のシナリオでは、走行中に指令所より飛来物の確認のため徐行の指示が出た


前方の架線に飛来物が絡まっており運転不能と判断、停止および各種手配を行う


写真手前の指令員役の講師とやりとりを行う


指令員からの指示を書き留める


刻々と変わる状況の変化に応じ各所とやりとり・取るべき動作を行う


自習形式訓練シミュレータ


各自でハンドル類やタッチパネルを操作する自習形式で訓練を実施。運転士自身が訓練メニューを選択し、苦手項目や弱点を補強することが可能となっています。


自習形式訓練シミュレータは複数人で同時に訓練が可能


車掌や指令とのやりとりは画面上に出る


訓練後、結果はレーダーチャート形式でフィードバックされる


どうして今回導入した?


今回のシミュレータでは特殊な運転取り扱いのシナリオを計65項目設定。

車両の進化により運転士が実際に故障対応する件数が減少している一方で、昨今の自然災害の激甚化、また車内放火事件などといった事件にも、乗客の安全を最優先に適時適切に判断して対応しなければならないということもあり今回導入したとのことで、東海道新幹線の乗客が安心して利用できるよう、今後も運転士の異常対応能力を高めることに取り組んでゆきたいとのことです。


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ