愛称「ムーミン」 鉄道博物館へ 80年前の電気機関車「EF55」を展示

  • 公開 2015.01.26

JR東日本および鉄道博物館は1月26日、約80年前に製造された電気機関車「EF55-1」をさいたま市の鉄道博物館に展示すると発表した。


「EF55」ってどんな機関車?


「EF55」は、1936(昭和11)年に急行旅客用機関車として3両だけ製造された電気機関車。

この「EF55」の最大の特徴は当時流行した流線型のボディを採用し、その見た目の可愛さから「ムーミン」とも呼ばれていた。

当初は特急「燕」「富士」といった当時の名列車の先頭に立って活躍していた。


鉄道博物館 EF55 1

鉄道博物館に展示が決まったEF55(2003年撮影)


機銃掃射の痕跡も


今回鉄道博物館に展示が決まった「EF55-1」は、約5年前までイベント列車用として活躍し、その後は群馬県高崎の車両センターで保管されていた。

第二次世界大戦中に機銃掃射を受けたことがあり、運転室内にその痕跡を残しており、この機関車の歴史の長さを物語っている。


いつから展示されるの?


この「EF55-1」の展示は、2015年ゴールデンウィーク前より鉄道博物館内「ヒストリーゾーン1階 (本館の車両展示エリア)」での展示を予定している。

展示エリア中央の転車台上への展示も検討をしている。


鉄道博物館におけるEF55形式電気機関車の展示について - 鉄道博物館ニュースリリース

鉄道博物館 - 公式ホームページ


鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ好評配信中



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ