京都鉄道博物館の収蔵・展示車両が決定 新幹線・SLなど53両

  • 公開 2015.05.20

JR西日本は2015年5月20日、2016年春開業予定の「京都鉄道博物館」に収蔵・展示される車両が決定したと発表した。



現在、梅小路蒸気機関車館に収蔵している20両の蒸気機関車を含む、53両を収蔵・展示。展示車両数としては国内最大となる。


京都鉄道博物館

1階展示イメージ


0系新幹線電車の第1号車や、時速300kmでの営業運転でギネスブックに登録された500系新幹線電車、戦後の特急列車を牽引した国鉄最大の蒸気機関車C62形など、歴史的に価値ある車両を展示する。


京都鉄道博物館 展示車両

展示車両配置(全体図)。 画像右上がエントランス


プロムナード


「プロムナード」は全長約100m。新しいエントランスと本館とをつないでおり、プラットホームをイメージしている。


京都鉄道博物館 プロムナード

展示車両配置(拡大:プロムナード)


扇形車庫


「扇形車庫」では明治から昭和にかけての代表的な蒸気機関車20両を保存・展示。


京都鉄道博物館 扇形車庫

展示車両配置(拡大:扇形車庫)


本館・旧京都駅上家・展示引込線


「本館」は吹き抜け構造。JR西日本を代表する車両が展示される。
「旧京都駅上家」には、先日定期運行から引退した寝台特急「トワイライトエクスプレス」などを展示。


京都鉄道博物館 本館

展示車両配置(拡大:本館・旧京都駅上家・展示引込線)


また、「展示引込線」は営業線とつながっており、現役車両なども臨時で展示が可能になっている。


「京都鉄道博物館」は2016年春に京都梅小路にオープンする。


画像提供:JR西日本


京都鉄道博物館の収蔵車両が決定しました! - JR西日本ニュースリリース



より詳細な情報を見る


全53両の展示車両リストを鉄道新聞Facebookページにて紹介中!


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ