相鉄、2017年度に新型車両1編成を導入へ 鉄道・バス設備投資計画

  • 公開 2017.05.09

相鉄グループはこのほど、2017年度鉄道・バス設備投資計画を発表した。鉄道事業・バス事業に対して総額105億円の設備投資を実施する。


統一コンセプトに沿った9000系リニューアル車両

統一コンセプトに沿った9000系リニューアル車両


鉄道事業では相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業や、「8000系」車両の重要機器更新、「9000系」車両リニューアル(新たに2編成)などのほか、相鉄・JR直通線(2019年度)・相鉄・東急直通線(2022年度)の開業に向けた新型車両を順次導入する(今年度は1編成10両を導入予定)。


設備投資計画の詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


相鉄ニュースリリース






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ