東京メトロ、「トイレ空室状況提供サービス」実証実験を池袋駅で実施へ

  • 公開 2017.12.01

東京メトロはこのほど、「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を池袋駅にて実施すると発表した。



実証実験は、サービスに対するニーズの検証やトイレの稼働状況を分析し、トイレの快適性や利便性向上につなげたいとの思いから実施するもので、同社管理駅で最も乗降人員の多い池袋駅のトイレにて実施する。



実施期間は2017年12月1日から2018年2月28日まで、東京メトロ公式アプリ内「メトロラボ2017」から確認できる。確認方法など、詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。



リンク


東京メトロニュースリリース






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ