東京メトロ日比谷線車内でBGM放送の試行運用スタート

  • 公開 2018.01.29

東京メトロは2018年1月29日より、日比谷線車内で日中時間帯にBGM放送の試行運用を始めた。


東京メトロ日比谷線13000系車両


2017年3月にデビューした13000系車両の車内スピーカーには高音質ステレオ放送システムを搭載しており、これを使用する。​2017年7月に同線で誤って営業列車内でBGMを放送、好意的な意見が一部乗客から出たことに着想し、今回の試行に至った。編成によりクラシック音楽またはヒーリング音楽を流す。​ボリュームは通常の車内放送の約8割の大きさに制限する。


高音質ステレオ放送システムを搭載


通勤用列車における営業列車内でのBGMの放送は国内で初の試みで、当面の間運行する。​同社は賛否が分かれる施策であることを認識の上で、乗客の声や「お客様モニター」の声を参考に今後のあり方を検討する。曲目など詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


13000系の車内

13000系の車内



BGM試行列車の運行時刻


リンク


東京メトロニュースリリース




東京メトロ、日比谷線車内でBGM放送を試行運用へ クラシック音楽など(2018/01/24記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ