東武鉄道、14系客車「ドリームカー」をSL大樹の客車として導入へ

  • 公開 2019.01.11

東武鉄道はこのほど、14系客車「ドリームカー」をSL大樹の客車として導入すると発表した。


「ドリームカー(オハ14-505)」座席(東武鉄道ニュースリリースより)


「ドリームカー」は、夜行急行用車両として1988年よりJR北海道内の急行「まりも」に採用され、その後2016年に廃止になるまで急行「はまなす」等で使用された、JRの夜行急行列車の面影を色濃く残す車両。


「ドリームカー(オハ14-505)」ラウンジ(東武鉄道ニュースリリースより)


導入日は2019年4月13日(土)より。導入後はSLの年間運転日のうち約40日を「ドリームカー」を中間に連結した3両編成にて運転することを予定している。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


東武鉄道ニュースリリース






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ