JR東日本など、増税に伴い運賃・料金改定へ

  • 公開 2019.07.02

JR東日本はこのほど、国土交通大臣に鉄道運賃・料金の変更認可申請を行ったと発表した。


初乗り運賃(JR東日本ニュースリリースより)


2019年10月1日に消費税率が10%に引上げられることに伴い、運賃・料金に消費税率引上げ相当分を転嫁するもの。消費税の主旨に照らして、消費税率引上げ分を運賃・料金に公平に転嫁することを基本に改定率が110/108となる改定を行う。


寝台料金などの改定申請内容(JR東日本ホームページより)


きっぷ利用時の運賃の端数処理やIC運賃ときっぷの運賃の留意点など、詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。同社以外にもJR東海・JR西日本・JR四国・JR九州や大手私鉄なども鉄道運賃・料金の変更認可申請を発表している。


リンク


JR東日本ニュースリリース

JR東日本ホームページ「消費税率引上げに伴う運賃・料金改定について」






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ