京成電鉄、成田スカイアクセス新型車両「3100形」10/26デビューへ

  • 公開 2019.10.10

京成電鉄はこのほど、成田スカイアクセス新型車両「3100形」がデビューすると発表した。


成田スカイアクセス新型車両「3100形」(京成電鉄ニュースリリースより)


外観デザインは同線の案内カラーであるオレンジを取り入れ、飛行機や沿線各所のイメージイラストが描かれている。車内はスーツケース置場としても利用できるよう座席の一部を折り畳み式としたほか、フリースペース・防犯カメラ・プラズマクラスターイオン発生装置などを導入している。


「3100形」スーツケース置場・フリースペース(京成電鉄ニュースリリースより)


デビュー日は2019年10月26日(土)。主にアクセス特急として運用している3000形7次車(3050形)についても順次オレンジを基調としたデザインに変更する。「3100形」の詳細仕様や製造工程・製作者へのインタビュー記事などは京成電鉄特設ページに掲載されている。


リンク


京成電鉄ニュースリリース


京成電鉄「3100形」特設ページ






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ