北海道 運休特急8月再開へ

  • 公開 2014.06.06

JR北海道は6日、以前に相次いで発生した特急列車の出火について、原因を特定し8月より車両の使用を再開すると発表した。


函館~札幌間を結ぶ特急「北斗」などでディーゼルエンジンの出火が相次ぎ、2013年7月より同型エンジンを搭載する全ての車両の使用をとりやめ、一部特急列車について断続的に運休が続いていた。

今回発表された原因は、高速化を目的として大型化された「燃料制御装置」内の部品について、設計想定以上の負荷が掛かっていたことなどとしている。


原因が特定されたことにより、2014年8月1日から札幌~函館間の特急は5往復から9往復の定期列車運転に、札幌~稚内間の特急は2往復から3往復の定期列車運転に戻る。

原因の説明や2014年8月1日からの運転計画など詳細は、JR北海道のホームページで公開している。


JR北海道 - 公式ホームページ


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ