JR西日本「ICOCA」発売額を多様化・エリア拡大へ

  • 公開 2015.02.23

JR西日本は2月23日、同社のICカード乗車券「ICOCA」発売額の多様化および近畿圏ICOCAエリアの拡大を発表した。


発売額の多様化


ICOCAの発売額は、現行「2,000 円」の1種類のみだったが、新たに「1,000 円」「3,000 円」「5,000 円」「10,000 円」の発売額でも発売する。
2015年4月以降、ICOCAエリア内のピンク色の新型券売機で順次発売を開始する。


新型券売機


ICOCAエリアの拡大


下記の駅でもICOCAが利用できるようになる。

和歌山地区:紀勢本線(宮前駅~海南駅)の各駅<2015年8月開始予定>

兵庫地区:姫新線(播磨高岡駅~播磨新宮駅)、播但線(京口駅~寺前駅)、加古川線(日岡駅~西脇市駅)の各駅<2016年3月開始予定>


ICOCA(イコカ)


画像提供:JR西日本


ICカード乗車券「ICOCA」のサービスを拡充します!「ICOCA発売額の多様化」「近畿圏ICOCAエリアの拡大」 - JR西日本ニュースリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ