JR北海道、新型一般気動車を試作へ 2017年度

  • 公開 2015.06.10

JR北海道は6月10日、主にローカル線で運行している国鉄時代に製作した一般気動車「キハ40形」の置き換え用の新型一般気動車の試作車(量産先行車)を製作すると発表した。


試作車は2017年度に2両を投入予定で、走行試験等による二冬期の検証を行ったうえで、2019年度以降に量産車の製作を予定している。

新製する車両は、同時期に投入を予定しているJR東日本の車両と主たる仕様が同一の「電気式気動車」となる。

関連記事:JR東日本、新潟・秋田地区に新システム車両「電気式気動車」投入へ


JR北海道 新型車両 気動車

駆動システム(JR北海道プレスリリースより)




新型一般気動車の試作車(量産先行車)の製作について - JR北海道プレスリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ