西武秩父駅構内に複合型温泉施設 2017年春オープンへ

  • 公開 2015.07.08

西武鉄道と西武レクリエーションは7月8日、埼玉県の西武秩父駅構内の西武秩父仲見世通りに、物販・飲食店舗も備えた「複合型温泉施設」を2017年春にオープンすると発表した。


秩父エリアには数多くの寺社や様々なお祭りがあることから、施設全体は”祭”をコンセプトにしたデザインで表現。

施設内部は「温泉エリア」「飲食・イベントエリア」「物販エリア」の3エリアで展開する。


西武秩父駅 温泉

西武秩父駅構内にオープンする「複合型温泉施設」イメージ


メインエリアとなる「温泉エリア」では、露天風呂や内湯、岩盤浴、休憩スペースなどを配置。露天風呂では源泉かけ流し湯、岩風呂、寝ころび湯などで寛ぎながら、植栽・装飾された景色を楽しめる。

また「休憩スペース」は通常の休憩スペースに加え、個室型の「プレミアム休憩スペース(仮)」を設置。翌朝までの仮眠もできるという。



画像提供:西武鉄道

「(仮称)西武秩父仲見世通り 複合型温泉計画」の事業決定について - 西武鉄道ニュースリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ