東武鉄道、50年ぶりの蒸気機関車(SL)の復活目指す 2017年度めど

  • 公開 2015.08.10

東武鉄道は8月10日、日光・鬼怒川地区において1966年以来、約50年ぶりの蒸気機関車(SL)の復活を目指すと発表した。


東武鉄道 SL

東武鉄道ニュースリリースより


蒸気機関車は、北海道日高郡新ひだか町の協力のもと、JR北海道所有のSL車両「C11形207号機」を借り受ける。


運行予定区間は東武鬼怒川線 下今市~鬼怒川温泉間の12.4㎞で、2017年度を目途に復活を目指すという。


東武 SL 運行区間

東武鉄道の路線図とSL運行区間(東武鉄道ニュースリリースより)


同社における蒸気機関車の歴史は、1899年に導入された Peacock社製の「A1形」に始まり、1947年の60台をピークに徐々に減りはじめ、1966年の佐野線における蒸気機関車さよなら運転により消滅していた。

今回使用を検討している「C11形207号機」は、同社が1945年に導入し、1963年まで活躍した「C11形2号機」と同型機。


蒸気機関車(SL)の復活を目指します(2017年度目途) - ニュースリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ