京王電鉄、新しい事業用車両を導入へ 排雪板を装備

  • 公開 2015.09.24

京王電鉄は9月24日、新しい事業用車両(総合高速検測車や資材の運搬用貨車の牽引車両)を導入すると発表した。


京王電鉄 事業用車両 新型

新しい事業用車両(京王電鉄ニュースリリースより)


今回導入する事業用車両には排雪板を備え、降雪時に運行させることで線路上の除雪を行い、列車運行への影響を軽減させる。

また、前面塗装は営業列車との差別化および夜間走行時の視認性を考慮し、黄色となっている。


京王電鉄ニュースリリースより


この新しい事業用車両は9月下旬から日中、京王線で機能確認等の試運転を開始する予定となっている。


新しい事業用車両(牽引車両)を導入します - 京王電鉄ニュースリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ