静岡おでんと蒸気暖房で暖まる 大井川鐵道「SLおでん列車」運行

  • 公開 2015.12.21

静岡県の大井川鐵道はこのほど、通常のSL列車「かわね路号」に特別車両「お座敷客車」を連結し、おでん列車を運転すると発表した。


大井川鐵道 おでん列車

前回のおでん列車の車内


富士川から大井川の間と言われる静岡県中部地区の地域料理「静岡おでん」は、だし汁を継ぎ足しながら毎日煮込んでゆくのが特長。

冬の風物詩、蒸気機関車(SL)で発生した蒸気を車内にまわす「蒸気暖房」が効いたお座敷の客車内で”SL”と”静岡おでん”を楽しむことができる。列車内への飲食物の持ち込みも自由。


大井川鐵道 静岡おでん

静岡おでん


運行期間は2016年1月16日から3月6日までの毎週土・日曜日。
参加費は大人:6,000円、こども(小学生):4,300円。料金には金谷~千頭の往復フリーきっぷ、往路SL急行料金、おでん、弁当、缶ビールと日本酒1本、保険代が含まれる。

定員は1回あたり30名。申し込みは大鉄アドバンス(0547-46-3131)で受け付けている。


画像提供:大井川鐵道


SLおでん列車の旅 - 大井川鐵道ニュースリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ