東京メトロ有楽町線~東武東上線で貨物列車実験へ メトロ10000系を使用

  • 公開 2016.08.29

東京メトロ、東武鉄道、佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸はこのほど、東京メトロ有楽町線~東武東上線において、既存の鉄道施設を活用した物流実証実験を共同で実施すると発表した。



この実証実験は、物流に関する交通渋滞、CO2排出量の削減、トラックドライバー不足等の社会的課題の解決策として想定されている、旅客鉄道の輸送力を活用した貨物輸送に関するもの。



実験は東京メトロ「10000系」車両を使用し、乗客が利用できない実験専用ダイヤを設定。2016年9月から10月にかけて合計10回行う。



実験終了後は、取得したデータや旅客輸送に与える影響、物流各社のニーズ等を勘案し、トラック輸送から旅客鉄道を活用した貨物輸送への転換(モーダルシフト)の実現可能性を検証する。


実験での輸送方法など、詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


東京メトロニュースリリース






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook



鉄道新聞 公式アカウント

@tetsudoshimbun - 公式Twitter

鉄道新聞Facebook - 公式Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ