東武鉄道、復活運転するSLの列車名称を「SL大樹」に決定

  • 公開 2016.12.01

東武鉄道はこのほど、2017年夏より東武鬼怒川線 下今市~鬼怒川温泉間で運転するSLの列車名称をSL「大樹(たいじゅ)」に決定したと発表した。


東武鉄道ニュースリリースより


「大樹」は日光東照宮から連想される「将軍」の別称・尊称と言われており、また「東京スカイツリー®」を想起させることから沿線地域とともに力強く大きく育ってほしい、との思いを込めている。


同列車のヘッドマークデザインもあわせて発表した。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


東武鉄道ニュースリリース





鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook



「鉄道新聞」は登録商標です。



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ