フリーワード検索

話題

2015/10/08 19:35

新交通システム”日暮里・舎人ライナー”の新型車両「330形」お披露目

Posted by 鉄道新聞

東京の日暮里~見沼代親水公園間9.7kmを結ぶ新交通システム「日暮里・舎人ライナー」に2015年10月10日デビューする新型車両「330形」がこのほどお披露目されました。



従来車両「300形」(写真左奥)から大きくデザインが変更に。
LEDの前面ランプ類は中央部に集約配置され、無人運転を行う都市交通の先進イメージを表現。



色は、シンボルカラーのグリーンとマゼンタを大胆に両端部に配置し、側面には縦縞のストライプを用いています。



車内座席は全てロングシートに。車内空間が広くなり、混雑緩和を実現。

シート端の仕切りは大型の強化ガラスを採用し、座席上には荷棚を新たに設置。また吊り手も増設されました。



座席は座り心地を高めたバケットシートを採用。
1編成に22席設けられている優先席はマゼンダ色となっています。



各車両には2か所ずつ車内防犯カメラが設置されています。



1編成に2か所設けられている車いすスペース。ベビーカースペースとしても利用可能です。



乗降ドアはこれまでの片開き式から両開き式に変更。ドア上には15インチダブル液晶が設置されています。また天井の照明は面全体が均一に発光する面発光LEDを採用。

そして、先日お披露目された都電荒川線「8900形」と同様、車内に「ハート」のつり革があります。


この日暮里・舎人ライナー新型車両「330形」は2015年10月10日にデビューします。


関連記事:進化し続ける東京の路面電車 都電荒川線の新型車両「8900形」お披露目


取材協力:東京都交通局


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ








  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび