東京駅を発着する電車が一望できるカフェでランチをしてみた

  • 公開 2018.02.22

一日中電車が行き交う東京駅。この駅を発着する電車や新幹線が一望できるカフェがあると聞き、実際に行ってみました。





そのカフェとは、東京駅直結の複合商業施設「丸の内オアゾ」内の書店「丸善 丸の内本店」4階にある「M&C CAFE」。



お店に入ると…おおっ、窓の真横を早速オレンジ色のJR中央線が通過しているではありませんか!テンション上がります。



開店直後で空いていたので窓側の席をお願いしました。まずは同店の名物「早矢仕(ハヤシ)ライス」を注文してみました。



ハヤシライスの命名には諸説ありますが、一説では丸善の創業者早矢仕有的氏にちなんだものという説も。ハヤシソースは濃厚で美味しく、ソースのボリュームもありました。



中央線「E233系」と山手線「E235系」がすれ違い!



京浜東北線の姿も。



運が良ければ(またはタイミングを見計えば)E257系「あずさ」の姿も。



まだまだ見ていたいので、デザートも注文してしまいました。自家製焼きたてワッフルとセットコーヒーで寛ぎます。

おや、なにやら奥から薄紫色の電車の姿が…



特急スーパーあずさ「E351系」がやってきました。写真右側がすぐ中央線東京駅なので、列車によってはここで一旦停止。じっくり眺めることができます。



ちなみにこの「E351系」は新型車両「E353系」への置き換えが進んでいて、2018年3月で見納めとなります。



さらに奥には新幹線も沢山見えます。その一部をご紹介します。まずは、オール二階建て新幹線「MAX」。こちらも、2020年度末までに引退が決まっています。



東北新幹線「はやぶさ」や秋田新幹線「こまち」車両の姿もバッチリ。



山形新幹線「つばさ」車両。とにかく在来線から新幹線まで多彩な電車が行き来して飽きません!



さらに窓の真下には大きな道路もあるので、電車のみならずバスやトラックなど色々な乗り物も通り、とにかく動き続ける景色を楽しむことができます。



次回はまた景色を見ながらこの早矢仕オムライスも食べてみたいなと思いながら、お店を後にしました。


訪問時のメニュー例


訪問時のメニュー例


お昼時になるとどんどんお客さんが入ってきていましたので、窓側の景色を楽しむなら開店後の早めの時間帯が特にオススメです!




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ