西武・メトロ・東急、座席指定制の直通列車「Sトレイン」運行スタート

  • 公開 2017.03.25

元町・中華街~西武秩父(土休日)や所沢~豊洲(平日)を結ぶ座席指定制列車「S-TRAIN(Sトレイン)」が2017年3月25日デビュー。初日1番列車出発の様子をレポートします。




「S-TRAIN(Sトレイン)」とは?


西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が導入する有料の座席指定制直通列車。

西武鉄道の新車「40000系」(ロング/クロスシート転換車両)を使用し、土休日は主に観光利用、平日は通勤利用を想定した運行となります。


「S-TRAIN」に使用される西武鉄道「40000系」


「S-TRAIN」の概要はこちらの記事を、「40000系」については車両お披露目レポート記事をご覧ください。


当日レポート


初日の3月25日は土曜日のため、元町・中華街~西武秩父間の運行です。元町・中華街駅での出発式や、同駅発1番列車の様子を写真を中心に随時お伝えします。



みなとみらい線の始発駅、元町・中華街駅のホームで出発式が始まりました。



みなとみらい線のみなとみらい駅長による挨拶。



横浜観光親善大使や直通各社のキャラクターなども参加。



6時55分に元町・中華街駅にS-TRAIN1番列車(7:01発)が入ってきました。




無事テープカットが終わりました。それでは1番列車の様子を見てみたいと思います。







まず乗って気づいたのが、車内のLED照明が暖色系になっていたこと。報道公開時は白色でしたが少なくとも「S-TRAIN」運行時は温かみのある色に調光しているようです。



車内は車端部以外クロスシート(進行方向前向きの座席)で、全車指定席。指定券はネットや駅券売機・一部駅ホーム上の券売機で購入できます。



1番列車が元町・中華街駅を出発!



特にみなとみらい線・東横線・副都心線では座席が(車端部以外)全て前向きの列車は初なので新鮮です。



運行初日とあり、駅停車中はホーム乗客が皆不思議そうに車内を見ていました。



「S-TRAIN」として運行するときは各号車1つのみドアが開きます。そのほかのドアやホームドアは閉まったまま。停車しているのにホームドアが閉まったまままた発車するのは少し不思議な光景でした。



横浜駅を出ると次の停車駅は自由が丘です。



「S-TRAIN」は全席指定のため東急線内では『トレインクルー』が乗務。着席状況の確認などを行っていました。



1番列車乗客には「S-TRAINオリジナルキーホルダー」がプレゼントされました。



キーホルダーを見せていただきました。



東急東横線ではきょうから初運用となる、祐天寺駅の通過線を通過。この駅でも列車の追い抜きをしていました。



今日は“運行スタート”がメインの、取材の場でしたので渋谷で下車。また改めてゆっくり乗ってみたいと思いました。






西武・メトロ・東急、座席指定制の直通列車「S-TRAIN」3月25日デビューへ(運行ダイヤなど。2017/01/10記事)



西武鉄道、新型車両「40000系」お披露目 ”進化した通勤車両”(使用車両の設備など。2017/02/13記事)






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ