緑の初代新幹線「200系」がラストラン

  • 公開 2013.04.14

東海道新幹線の初代「0系」と同じ”団子っ鼻”をもつ、東北・上越新幹線の初代新幹線「200系」が2013年4月14日の臨時列車をもって完全引退となった。


本日で最後の運転となった丸鼻の200系新幹線


「200系」新幹線は1982年、東北新幹線(大宮~盛岡間)の開業とともに登場し、30年もの間活躍。

しかし老朽化と新幹線高速化の流れにより、2013年3月のダイヤ改正をもって定期列車から引退、そしてこの日の臨時列車をもって完全な引退となった。


側面には切手をイメージした、お別れのステッカーが


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ