小田急電鉄新型ロマンスカー70000形「GSE」お披露目レポート

  • 公開 2017.12.05

小田急電鉄の新型ロマンスカー「GSE」がきょう(2017年12月5日)、お披露目されました。
愛称・新制服発表に続き外観・車内お披露目の様子を、写真でご紹介します。




新型ロマンスカー「GSE」とは?


新宿~箱根などを結ぶ特急ロマンスカー。1957年に登場した初代「SE」(3000形)から数えて9代目のロマンスカーで、2018年3月中旬にデビューします。



・関連記事:小田急新型ロマンスカー「70000形」発表 注目ポイントはココだ!(2016/10/20記事)


展望席16席を両先頭車に設置するほか、同社特急車両最大となる高さ1mの連続窓の側面窓を採用。車両の左右の振動を抑制する装置を搭載するなど、居住性と乗り心地が向上します。


新型ロマンスカー「GSE」外観・車内お披露目の様子


写真を中心に随時追加していきます。


「GSE」外観



「GSE」先頭車車内(1号車)


GSE 車内

GSE先頭車車内は荷棚が無い

 GSEの展望室

GSEの展望室

先端側から車内を望む

先端側から車内を望む

展望室上の運転席への入口


「GSE」中間車車内(2号車)



その他GSE車内のポイントなど


客室デッキ側のデザイン

前の座席の様子

テーブルは背面ではなくひじ掛けに収納

テーブルは背面ではなくひじ掛けに収納

サイドテーブル

ひじ掛けにはコンセントを装備。

GSE 座席回転レバー

座席回転レバー。

座席下にも空間を大きくとっており、荷物が置けるようになっている。

各車両(4号車を除く)出入口デッキ付近に荷物収納スペースを用意

洗面台(トイレは今回非公開)

デッキ




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ