相鉄・JR直通線用新型車両「12000系」お披露目

  • 公開 2019.03.28

2019年3月28日、相模鉄道のJR直通線用新型車両「12000系」がお披露目されました。その様子を写真を中心にレポートします。



相鉄・JR直通線用新型車両「12000系」って?


2019年11月30日に開業予定の相鉄・JR直通線用の車両です。



「12000系」はどんな車両?


車両の開発コンセプトは「安全×安心×エレガント」。

前方監視カメラと車内防犯カメラを初めて採用、先頭形状は代表的な能面の1つである「獅子口」をイメージした力強いデザインで、濃紺色(ヨコハマネイビーブルー)で車体を塗装。


内装は2018年にデビューした新型車両「20000系」の仕様を踏襲、落ち着きのあるグレー色で統一。時間帯で色調が変化する調色調光式のLED照明を採用し、空気清浄機も設置されています。

全ての車両にベビーカー・車椅子用のフリースペースが設置され、一部の優先席・一般席には「ユニバーサルデザインシート」を導入。

また、駅に長時間停車する際に乗客ががドアの開閉を行える「個別ドアスイッチ」も設置されています。


12000系は直通線開業に先駆け、2019年4月20日デビュー。

2018年デビューした新型車両「20000系」と位置づけの比較

いよいよ外観がお披露目。「20000系」とも並びました

続いて、相鉄・JR共同発表が行われ、直通線の開業日は2019年11月30日に決定したと発表。

相鉄「そうにゃん」とJR東日本「Suicaのペンギン」も登場。

新型車両「12000系」に試乗します。

車内の様子です。

相鉄名物(?)、『車内の鏡』も(写真右)


試乗会列車が発車。

試乗列車には相鉄SNSアンバサダーも乗車体験

時間帯によって色がが変わるLED照明の実演もありました

試乗列車は西横浜駅の留置線に到着

羽沢横浜国大駅では同日、レール締結式が行われました

羽沢横浜国大駅構内

羽沢横浜国大駅構内


両端の2本はJR直通線へ、中央の2本は東急直通線へ続く



相鉄「12000系」主要諸元表

相鉄「12000系」主要諸元表


「12000系」は2019年4月20日デビュー予定。2019年度末までに全6本(60両)導入予定です。


動画




関連記事



「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」に決定 神奈川東部方面線の路線名称(2018/12/13記事)



相模鉄道、新型車両「20000系」お披露目 相鉄・東急直通線用車両(2018/01/17記事)






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ