最新の西武特急ラビューで秩父日帰り旅。温泉・グルメ&芝桜を満喫

  • 公開 2019.04.22

2019年3月にデビューした西武鉄道の新型特急車両「Laview ラビュー」。今回は担当者に案内してもらいながら、温泉・グルメ、そして今が見ごろの芝桜など秩父満喫の旅をしてみました。

お一人様からファミリー・グループまで幅広く楽しめると思いますので、その様子を写真を中心にレポートします。


最新の西武特急ラビューで秩父日帰り旅。温泉・グルメ&芝桜を満喫

最新の西武特急ラビューで秩父日帰り旅。温泉・グルメ&芝桜を満喫


「Laview ラビュー」って?


2019年3月16日デビューした同社25年ぶりの新型特急車両。執筆現在、池袋~西武秩父駅間の「ちちぶ」「むさし」の一部で運行中です。お披露目時のレポートはコチラ


実際に日帰りで旅をしてみた


西武池袋駅からスタート


ラビューを含め「ちちぶ」「むさし」は全席指定席。あらかじめチケットレスサービスsmoozや駅券売機などで指定席券を購入して乗ります。


駅の特急券券売機の画面にも、ラビュー車両の場合ラビューアイコンが出ます!

駅の特急券券売機の画面にも、ラビュー車両の場合ラビューアイコンが出ます!

駅の案内表示にも「この電車はラビューです」の文字

駅の案内表示にも「この電車はラビューです」の文字

ラビューが入線!

ラビューが入線!

いつみてもこの前面形状はインパクト抜群。

いつみてもこの前面形状はインパクト抜群。

西武池袋駅で超大型窓に映し出される車内の光景がとても印象的でワクワク感が高まります

西武池袋駅で超大型窓に映し出される車内の光景がとても印象的でワクワク感が高まります

いよいよ乗車!

特に飯能(はんのう)駅を過ぎたあたりから自然の中を走っている際の車窓の迫力はスゴいです…!

特に飯能(はんのう)駅を過ぎたあたりから自然の中を走っている際の車窓の迫力はスゴいです…!

飯能駅からは車内モニターに前面展望映像が映し出されます。


ラビュー乗降ドア上の案内表示器。

ラビュー乗降ドア上の案内表示器。


横瀬駅で下車、芝桜会場へ


例年4月中旬頃~5月初旬頃は秩父エリアにある羊山公園で芝桜まつりが行われ、この前後の時期は芝桜が見ごろを迎えます。今回ちょうどその時期ですので西武秩父駅の手前、横瀬駅で下車し向かってみます。


西武秩父駅から歩くと上り坂のため特に行きは横瀬駅がオススメ。

西武秩父駅から歩くと上り坂のため特に行きは横瀬駅がオススメ。(順路に一部、線路をくぐるため階段があります)

横瀬駅から徒歩約20分、羊山公園に到着。ちょうど見ごろでした!

息を飲む美しさ…!

息を飲む美しさ…!

会場内は比較的フラットです。

会場内は比較的フラットです。

この期間は沢山の屋台も。


オススメは「かえでのラムネ」。ほのかなメープル味のラムネです。

個人的なオススメは「かえでのラムネ」。ほのかなメープル味のラムネです。

会場内はトイレが複数あります。多目的トイレもあります。

会場内はトイレが複数あります。多目的トイレもあります。


西武秩父駅前温泉「祭の湯」でグルメ・温泉を堪能


会場から、徒歩で西武秩父駅へ(徒歩約20分、途中かなりの急坂を降りますので避ける場合は横瀬駅をおすすめします)。


2017年に変貌を遂げた西武秩父駅とその周辺。

駅前温泉「祭の湯」も隣接。

駅前温泉「祭の湯」も隣接。

館内には温泉のみならず充実したお土産エリア・フードエリアが。

館内には温泉のみならず充実したお土産エリア・フードエリアが。

「祭の湯」館内は支配人の加藤治氏にご案内いただきました

「祭の湯」館内は支配人の加藤治氏にご案内いただきました

「祭の湯」は開業2周年。平日ですがとても賑わっていて活気がありました。

祭の湯 フードコート全景(公式画像)

祭の湯 フードコート全景(公式画像)


フードコートは食事の選択肢が色々あって、グループやファミリーでもそれぞれ好きな物が食べられて良いですね。

フードコートは食事の選択肢が色々あって、グループやファミリーでもそれぞれ好きな物が食べられて良いですね。


こんなグルメが楽しめます。名物わらじかつ丼などなど。

こんなグルメが楽しめます。名物わらじかつ丼などなど。


授乳室や多目的トイレなども充実しています。

授乳室や多目的トイレなども充実しています。


「祭の湯」温泉の様子


温泉内の写真は撮れませんので、公式画像でご紹介します!


祭りの湯 露天(公式画像)

祭の湯 露天(公式画像)


内湯(公式画像)


プレミアムラウンジ(公式画像)

プレミアムラウンジ(公式画像)


お土産も充実


 お土産販売エリアも広くて色々なものがあります!迷ってしまう方には、お店の人気ランキングも掲示されていますので参考になりますよ!

お土産販売エリアも広くて色々なものがあります!迷ってしまう方には、お店の人気ランキングも掲示されていますので参考になりますよ!


可愛らしい雑貨なども充実。ちなみに温泉利用者が一時外出することも可能。例えば浴衣でこのエリアでお土産を見たりフードコートで食事したりすることもできるんです


ラビューがデビューしたてということで、名産品とのコラボ商品がいっぱいありました!


ラビューこんにゃく!

食べて遊べて2度おいしいお土産商品も。

食べて遊べて2度おいしいお土産商品も。

缶バッチ1つ入りのラビューマシュマロ。

缶バッチ1つ入りのラビューマシュマロ。


お酒の販売エリアでは立ち呑みもできます。


「あの花」マンホール蓋を見学


駅近くにある、秩父市歴史文化伝承館1階交流フロアーに立ちより。秩父が舞台設定のモデルになったアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のキャラクターをデザインしたマンホール蓋(6基)が展示されていました(2019年5月6日まで)。


展示後は実際に使用されるそうです。


帰りはラビュー最前列で


秩父を堪能した後は、再びラビューで帰ります。運行日と時間が合えば、行きはラビュー、帰りはレストラン列車「52席の至福」で帰るという方もいらっしゃるそうです。


帰りはラビュー最前列!

帰りはラビュー最前列!


途中の飯能(はんのう)駅で進行方向が変わります。



ラビューの車内で、西武秩父駅で売っていたラビューランチパックをいただきました。この限定ランチパックは2019年5月31日まで、西武線の駅構内売店などで販売されています

ラビューの車内で、西武秩父駅で売っていたラビューランチパックをいただきました。この限定ランチパックは2019年5月31日まで、西武線の駅構内売店などで販売されています


ここで、ちょっとラビュー車内の設備を探検。

5号車にはパウダールームが設置されています。

1号車には多目的トイレも。


多目的トイレはかなり広い造りになっています。


おむつ替え台やベビーチェアも設置。お子様連れでも安心です。

多目的トイレ内にはおむつ替え台やベビーチェアも設置。お子様連れでも安心です。

カーテンを閉めてもまるでリビングのような雰囲気。


芝桜はシーズン限定となりますが、「祭の湯」はオールシーズン楽しめるスポットです。なお2019年ゴールデンウィーク中のラビューは執筆日現在、かなり席が埋まりつつある状況で列車によっては少し空きがあるようです。

ゴールデンウィーク、またそれ以外の時期でも、都心から気軽に日帰り旅行できる秩父へ、ピカピカの新型特急で遊びに行ってみてはいかがでしょうか!


ラビューの座席表・時刻表(執筆日現在)


ラビューの編成図・座席表(西武鉄道公式ホームページより)

ラビューの編成図・座席表(西武鉄道公式ホームページ 車内設備ページより)


ラビューは執筆日現在、下記のダイヤで運行されています。なお2019年度中に池袋線特急のすべての編成がラビュー置き換わる予定です。


2019年4月現在のLaview ラビュー時刻表(平日)

2019年4月現在のLaview ラビュー時刻表(平日)



2019年4月現在のLaview ラビュー時刻表(土休日)

2019年4月現在のLaview ラビュー時刻表(土休日、※印はデビュー初日用のものです)


関連リンク


西武ラビュー特設ホームページ

西武鉄道公式ホームページ(車内設備ページ)

秩父市公式ホームページ:芝桜の開花情報

祭の湯公式ホームページ


お披露目された「Laview ラビュー」 西武新型特急はココがすごい!(車内外の紹介。2019/02/14 記事)



西武鉄道、「ラビュー」を新宿線の一部で初運行へ(2019/04/17記事)






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ