近鉄新型名阪特急「ひのとり」お披露目

  • 公開 2019.11.19

【2020/2/5】試乗レポート記事はこちら!


2019年11月19日、近鉄の新型名阪特急「ひのとり」がお披露目されました。その様子を写真を中心にレポートします。



「ひのとり」って?


大阪難波駅~近鉄名古屋駅を結ぶ新型名阪特急(80000系)。プレミアム車両は全席3列シート、レギュラー車両にもバックシェルを設置。1・6号車(プレミアム車両)にはコーヒーサーバーなどを設置した「カフェスポット」を設けます。


「ひのとり」外観


スピード感ある車体形状

スピード感を際立たせる深い艶感のあるメタリックレッドの塗装

両先頭車(プレミアム車両)横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションを設置


ひのとりプレミアム車両車内(1・6号車)


プレミアム車両はハイデッカー構造、階段を数段上るとドアが

プレミアム車両は2-1列

座席の前後間隔は130cm


後方を気にせずリクライニングできるバックシェル構造

本革を使用した座席は電動リクライニング・電動レッグレスト装備

全席コンセント装備。


固定式のカップホルダー

収納式の大型テーブル


リクライニング・読書灯・座席ヒーターなどのパネル



カーテンは電動式


プレミアム車両も座席回転可能(この場合電動レッグレストは作動しない)

乗務員室と客室の仕切りはガラス張り



ひのとりレギュラー車両(普通車)車内


レギュラーシート(普通車)は2-2列

レギュラーシートもバックシェルシート、座席の前後間隔は116cm

普通車も全席コンセント、中央ひじ掛けは左右独立

車内Wi-Fiも装備

テーブルは前面とインアームミニテーブルの2つを装備

フットレストも完備

シートを倒すと座面もスライド

バックシェルの様子(奥:起こした状態、手前:倒した状態)

車端部は大型テーブル装備

4号車には車椅子スペース


カフェスポット(1・6号車)


コーヒーサーバーなどを設置(有料)

軽食やグッズも販売予定



ベンチスペース(2・5号車)


気分転換ができるフリースペースが設けられている


自動販売機・喫煙スペース(3号車)



ロッカー


各車両に、大型荷物を収容できるロッカー等の荷物置き場を設置


交通系ICカードがロッカーキーになる


車内ディスプレイ




トイレ


4号車の多目的トイレにはチェンジングボードやベビーベッド、オストメイト対応設備を配備

その他のトイレも温水洗浄便座、ベビーチェアを設置


近鉄特急名物「おしぼり」のトレイは健在


乗務員室


かなり広い空間


いつから乗れるの?


デビュー日は2020年3月14日(土)。開始当初は6両編成3本で運行、2020年度中に全11編成を導入し、大阪難波駅・近鉄名古屋駅 毎時0分発ほか、停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運行する予定です。


ひのとりの料金


ひのとりの時刻


近鉄「ひのとり」特設ページ


動画



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ