路面電車がお出迎え!

【内覧会レポ】西武園ゆうえんちが昭和の世界にリニューアル

  • 公開 2021.05.19
  • Posted by 桃子

2021年5月19日にリニューアルオープンする「西武園ゆうえんち」。"1960年代の懐かしいあの頃の世界"が再現されるとのことで、一体どんな雰囲気なのでしょうか…!?内覧会の様子を写真でお届けします。


最寄り駅、西武園ゆうえんち駅を通る山口線(レオライナー)では1960年代の西武電車カラーイメージにラッピングされた車両が走行中。


このラッピング電車、「西武線アプリ」で列車現在位置が分かります!


西武園ゆうえんち駅に到着。目の前の景色は、すでに昭和の空気が漂っています。


あぁっ!改札を出ると、当時の人々の生活の足として実際に活躍した『路面電車』がお出迎え!


長崎電気軌道より譲り受けた貴重な路面電車 「1050形1051号」(旧仙台市交通局117号)


車内に入ると、当時の人々を運んだ本物の車体が出す雰囲気に引き込まれます。


この車体は昭和27年(1952年)に製造されて活躍したことが書かれています。まさに1960年代ど真ん中!


路面電車を眺めつつ、1分ほど歩いて入り口に着きました。


入園最初に目の前に広がるのは「夕日の丘商店街」。実際に人が生活している雰囲気を出すために細部まで作り込まれています。


園内マップは、新聞!商店街の新聞店で配布しています。


雑貨店の2階に泥棒が!


まるで商店街の住人の生活の一部のようにライブ・パフォーマンスが突然始まります。


八百屋の叩き売りは、通りすがりのお客さん相手に掛け合い。笑いが起こるやりとりで、急に親近感が湧いてきます。


実際に食べ物を買うことができるお店もあります。揚げ物の匂いや、焦げた米の香ばしい匂いが、商店街を一層本物っぽくしています。


商店街のお買い物は専用通貨。ココでは『お買い物』もアトラクション!デザインは10園がレオ、100園はレオの父親のパンジャです。


賑やかな音楽とともに歌って踊るのは、"歌手を目指している"、喫茶VICTORIAの看板娘"ナナイロ カオル"ちゃん19歳。


『ナポレターナがオススメよ♪』と囁かれました。


彼女が勤務している喫茶店、ありました。キラキラした4色のソーダが目を引きます。


カオルちゃんオススメの「スパゲッティ・ナポレターナ」、これかぁ!実際に中で食べられます。


商店街を出て丘の上の映画館「夕日館」へ。


赤い絨毯敷きの優雅な建物…と、思いきや、この後キングギドラに襲撃され、理不尽にキングギドラとゴジラの戦いに巻き込まれていく体感型のアトラクションです。他が牧歌的なのに、ここだけ恐ろしいまでのリアルな映像体感型アトラクションです。


手塚治虫の「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」のキャラクターが登場する、小さい子ども向けの乗り物エリア「レッツゴー!レオランド」。奥に見える従来からのアトラクションも、商店街での体験を経て「懐かしい」と感じる演出が加えられています。


レオたちが描かれた、エリア一周列車を発見!


線路が敷かれたコースもトンネルがあったりと楽しそうです。


バラ園を通って出口に向かいます。癒されるバラの香りが心地良いです。オープンの日は満開の華やかなバラ達に祝福されることでしょう♪



西武園ゆうえんちは2021年5月19日(水) にオープン。営業時間は日により異なり、不定休です。12機種のライドアトラクション、30店舗の商店街、12店舗の飲食施設があり、料金は『1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)』で大人(中学生以上)4,000円(税込4,400円)、子供(3才~小学生)3,000円 (税込 3,300円)、3才未満は無料です。入場前限定の西武園通貨がセットになった、お得な『1日レヂャーパック』もあります。


リンク


西武園ゆうえんち公式ホームページ


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!