そうにゃん、京都に出没

【内覧会レポ】相鉄フレッサイン京都四条烏丸「鉄道コンセプトルーム」

  • 公開 2021.07.19
  • Posted by 桃子

2021年7月16日、京都市にある相鉄フレッサイン京都四条烏丸に、神奈川県で事業を展開している相模鉄道の「鉄道コンセプトルーム」が登場しました。



実際に使用された本物の鉄道グッズと相模鉄道キャラクター「そうにゃん」が満載とのことで内覧会に参加してきました。その様子を写真を中心に紹介します。


相鉄フレッサイン京都四条烏丸へ


そうにゃん…いいとこ泊まってるなぁ。京都らしい雰囲気のおしゃれな外観です。


斜め向かいの通りには祇園祭の山鉾も建っていて、これぞ夏の京都!です(7月末まで)


フロントロビーに入ると…あちらこちらに相鉄の駅名標とそうにゃんが。ここは横浜!?


検温もそうにゃんが担当しまーす♪


実際に使用されていたヘッドマークとそうにゃんのパネルもお出迎え。相鉄一色です。


いかにも何かありそうな装飾がついた扉の向こうが「鉄道コンセプトルーム」です。


お部屋に入ると…いきなりドーンと木製の車両がお出迎え。


ラストランのヘッドマークがインパクト抜群。木の優しい雰囲気ですが、嵌め込まれているパーツはどれも本物で貫禄が出ています。


こんな感じで楽しむ家族や友人を、後ろのシートに座って眺めるも良し。


相鉄「7000系」のブレーキハンドルだそうです。順番を気にせず心ゆくまでガチャガチャ触れます。


支配人の前田さんによると『大人もテーブルにドリンクを置いて、ゆったり楽しんで操作して欲しいんですよね』とのこと。


「本物に触れて楽しんで欲しい」と今回の企画への熱い思いを語る前田支配人。


コレクションケースには、相鉄沿線の改札鋏がズラリ。こちらは宿泊特典で貰える硬券に自分で『パッチン』体験ができるそうです♪



年季の入った「ダッチングマシーン」。何に使うのかな?と思ったら、日付を打刻するんですね♪こちらも体験できます。



宿泊記念硬券、裏面にはシリアルナンバーが入るそうです。特別乗車記念切符ですね。


ベッド広ーい!ハリウッド型3台連結♪ 寝室もそうにゃんがいっぱい。


ベッドスローやクッションは、なんとフロントにいた女性スタッフの手作り!実際に使われていたシートの生地なので非売品です。


角のゴッチン防止にもそうにゃん♪小さなお子様への優しさを感じます。


お風呂にも車両の写真とそうにゃん。タオル掛けも、あの『そうにゃん吊り革』ではありませんか!


なぜ京都に神奈川の鉄道会社のコンセプトルームが?


視界の全てに相模鉄道グッズとそうにゃんが配置されている今回のコンセプトルーム。神奈川県で営業している相模鉄道のコンセプトルームが、なぜ京都に登場したのでしょうか?



支配人の前田さんによると、「京都全体がかつてないしんどい状況の中で、お客さんに喜んでいただけるためにホテルとして何ができるか原点を追求した結果、鉄道系のホテルとして横浜にもないようなものを考えました。関西の中で相鉄ブランドをより多くの人に知ってもらいたいです。」とのこと。

予約開始と同時に2021年8月分はほぼ満室とのことで、手応えを感じているそうです。近日中に9月以降の販売についての発表をするほか、展示替えをしながら相模鉄道の「鉄道コンセプトルーム 」プランは2022年8月31日までの1年間を予定しています。




どうやったら泊まれるの?


予約は相鉄フレッサイン京都四条烏丸公式ウェブサイトにて受け付けています。夏休み期間中は、親子のふれあいを応援したい思いから通常1室36,000円がキャンペーン価格で12,000円になっています。詳細は、公式ウェブサイトをご覧ください。

相鉄フレッサイン 京都四条烏丸公式ウェブサイト


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!