最新バッテリー技術とキティちゃんが電車でコラボ!和歌山に観光列車

  • 公開 2014.02.10

JR西日本は10日、最新のバッテリーシステムを搭載した2両編成の車両を、9月より和歌山県の「きのくに線」で観光列車として運行すると発表した。


車体にはハローキティが!


これは2014年9月より行われる観光キャンペーン「和歌山デスティネーションキャンペーン」に合わせて運転されるもの。

車体には、女性や外国でも人気の、ハローキティが沿線を楽しく紹介する姿がラッピングされるという。


電車は最新技術の『自己充電バッテリー式』


一方、今回使用される車両は「自己発電型バッテリー」電車。

これは、列車に搭載している発電機でバッテリーを充電し、その電力で電車と同様にモーターで走るという、超最新技術の電車なのである。


西日本屈指の美しい海岸線を一望


この観光列車は、運転区間の約4分の1が海岸線となるJRきのくに線 新宮~串本駅間を運転。

海側の座席は、窓に向いた配置となり、海が一望できるという。


運転日など


運転日は平成26年9月13日(土)から12月14日(日)までの土日祝日に計33日間運転される予定で、1日あたり2往復4本の運転となる見込み。

全席指定席の快速列車(2両編成)となるため、乗車には予め指定券が必要となる。

また、車内ではおもてなしや停車駅でのイベントなどを予定しているという。


西日本旅客鉄道プレスリリース


和歌山デスティネーションキャンペーン期間中、観光列車(自己充電型バッテリー車両)を運行します。


ハローキティ電車のイメージ図はこちら(PDF)




 >  > 最新バッテリー技術とキティちゃんが電車でコラボ!和歌山に観光列車



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ