京急電鉄「2000形」3月下旬営業運転終了へ

  • 公開 2018.03.05

京急電鉄はこのほど、 2018年3月下旬をもって、「2000形」の営業運転を終了すると発表した。


京急電鉄「2000形」および記念乗車券イメージ(京急電鉄ニュースリリースより)

京急電鉄「2000形」および記念乗車券イメージ(京急電鉄ニュースリリースより)


「2000形」は、2ドアのクロスシート車として1982年に登場し、当初は「快特」などの優等列車として都心から三浦半島までの京急線内を運行。1998年からは通勤仕様の3ドアのロングシート車に改造され近年は羽田空港と新逗子を結ぶ「エアポート急行」などを中心に運行していた。


クロスシート当時の車内(京急電鉄ニュースリリースより)

クロスシート当時の車内(京急電鉄ニュースリリースより)


引退にともない、記念乗車券の発売や特別貸切列車「ありがとう2000形」の運行を行う。記念乗車券の価格や購入方法など、詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


京急電鉄ニュースリリース






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ