N700Sにも研究成果を反映 JR東海「小牧研究施設」

  • 公開 2018.04.20

JR東海は2018年4月20日、小牧研究施設(愛知県小牧市)をお披露目した。



同施設の主な大型試験装置として、実際の車両の乗り心地を忠実に再現できる「車両運動総合シミュレータ」、高速鉄道の空力現象を研究するための風洞「低騒音風洞」、最高350km/h程度まで実際の車両の走行状態を再現する装置「車両走行試験装置」などがある。


車両走行試験装置(現地ビデオより)


この研究施設で得られた研究成果は、N700S新幹線など新型車両に反映されている。


車両運動総合シミュレータ

車両運動総合シミュレータの車内

上下左右振動やサスペンション有無による違いなど様々なシミュレーションが可能

風洞試験エリア

風速300km/hでシミュレーション中

土木構造物に生じる疲労の影響を試験する装置

主な開発成果

主な開発成果(2)


リンク



お披露目された「N700S」 東海道新幹線の新型車両はココがすごい!(2018/03/10記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ