大阪メトロ、地下空間の大規模改革方針・夢洲開発参画構想を発表

  • 公開 2018.12.20

大阪メトロはこのほど、「地下空間の大規模改革」についての方針・具体ビジョンおよび「夢洲駅周辺の開発への参画」構想を発表した。


心斎橋駅コンセプトイメージ

心斎橋駅コンセプトイメージ(大阪メトロニュースリリースより)


駅や車両・地下街を含む地下空間の大規模改革や、新たな機能やサービスアップの実現を目指す。また2025年に万博が開催される夢洲への中央線の延伸に参画していく考えや、条件が整えば大型商業施設の開発などにも参画するとしている。


夢洲駅コンセプトイメージ

夢洲駅コンセプトイメージ(大阪メトロニュースリリースより)※土地の確保等条件があり、 今後関係者と協議・調整を進めていく


御堂筋線9駅、中央線6駅のリニューアルについては2024年度までに完了予定となっている。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


大阪メトロニュースリリース






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ