JR九州、ハイブリッド新型車両「YC1系」長崎地区に3/14デビューへ

  • 公開 2019.12.15

JR九州はこのほど、長崎地区にハイブリッド新型車両「YC1系」を投入すると発表した。


YC1系


「YC1系」は蓄電池のエネルギーを有効活用した省エネ型の車両で、現行の気動車に比べ燃料消費量が約20%低減されるとともに、出入り口の段差をなくすなどバリアフリーにも対応した車両。


デビュー日(ダイヤ改正日)は2020年3月14日。このほか同社在来線では福岡地区・北九州地区への821系電車追加投入・香椎線から博多駅への直通列車運転(平日)などを行う。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


JR九州ニュースリリース



JR九州、観光列車「36ぷらす3」2020年秋デビューへ 787系ビュッフェ復活(2019/11/21記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ