JR九州、819系で自動運転走行試験を実施へ

  • 公開 2019.12.27

JR九州はこのほど、自動列車運転装置の走行試験を実施すると発表した。



現在同社ではATS-DKをベースとした自動列車運転装置の開発に取り組んでおり、将来的には運転士以外の係員が前頭に乗務する自動運転(GoA2.5)の実現を目指している。

今回の試験は819系(DENCHA)1編成2両を使用し、香椎線 西戸崎駅~香椎駅間にて実施。車両の制御機能(加速・惰行・減速・定点停止等)や運転時分、乗り心地などを確認する。走行試験は前頭に運転士が乗務した状態で行う。


試験走行の様子(JR九州提供映像より)


試験期間は2019年12月23日~2020年2月中旬のうち25日程度。2020年中に同区間において、運転士が乗務した状態で営業列車における実証運転を目指す。ATCベースでの自動運転開発と比べ、既存技術の応用になるATS-DKベースの開発費は10分の1程度と見込み、コストの低減につながるとしている。


リンク


JR九州ニュースリリース




JR大阪環状線、323系で自動運転走行試験を実施(2020/02/19記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ