JR東海、在来線新型車両「315系」投入へ 211系など置き換え

  • 公開 2020.01.22

JR東海はこのほど、新形式の在来線通勤型電車「315系」を新製すると発表した。


315系エクステリアイメージ

315系エクステリアイメージ


会社発足前後に投入した211系・213系・311系が更新期を迎えることから、最新技術を導入し安全性・安定性のさらなる向上などを実現させる。

同社在来線車両で初となる非常走行用蓄電装置の搭載、主要機器の2重系統化を実施するほか、車内はフルカラー液晶ディスプレイや1両につき5箇所の車内防犯カメラ、全車両に車椅子スペース、全編成に車椅子対応トイレを設置する。


315系と211系の比較

315系と211系の比較


2021年度から2025年度にかけて352両を新製し、名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入する計画。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

この記事を読んだ方に、絶対読んでほしい記事

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!