西武鉄道、「秩父」をモチーフとした観光電車を発表 全席レストラン車両

  • 公開 2015.06.16

西武鉄道は6月16日、優雅な空間と時間を楽しむことのできる「観光電車」の開発に着手、2016年春以降より導入すると発表した。


解説記事全席レストラン車両で都心から秩父・川越へ! 西武鉄道、観光列車を発表


西武鉄道 「観光電車」

西武鉄道「観光電車」外観 イメージ


この電車は、現在、飯能~西武秩父駅間を中心に運行している「4000系車両」をベースにリメークしたもの。

西武線の代表的な観光地である「秩父」がモチーフ。
全ての座席で食事が楽しめる空間とし、乗車駅から下車駅までの景色の移ろいと美味しい料理を楽しむことができる。


西武鉄道 観光電車 オープンキッチン

西武鉄道「観光電車」厨房車両オープンキッチンスペース  イメージ


2号車オープンダイニング イメージ


さらに、車内演奏会や映画上映会、各種体験コーナーの設置、車内での結婚式&披露宴などが開催可能なスペースを備え、国内のお客さまから訪日外国人のお客さままで様々なニーズにあわせた貸切運行も予定している。


4号車オープンダイニング イメージ


運行区間は池袋~西武秩父駅間・西武新宿~西武秩父駅間・西武新宿~本川越駅間などを予定。

臨時電車として、土休日を中心に年間100日程度の運行を予定している。





画像:西武鉄道
※いずれも現在検討中のイメージイラストであり、実際のものとは異なります。

2016年春、「秩父」をモチーフとした
観光電車がデビューします!
- 西武鉄道プレスリリース


◆関連記事:西武鉄道、生ビール飲み放題「ヱビスビール特急」運行 夜行特急ツアーも


西武鉄道「観光電車」解説記事


西武鉄道「観光電車」のポイントを解説した記事はこちら!
https://tetsudo-shimbun.com/article/topic/entry-396.html


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ