東京メトロとシャープ、透過型ホームドアでシースルーディスプレイの実証実験

  • 公開 2015.09.15

東京メトロとシャープは9月14日、有楽町線豊洲駅に試験設置している透過型のホームドアでシースルーディスプレイの実証実験を行うと発表した。


豊洲駅 透過型ホームドア

豊洲駅透過型ホームドア(東京メトロニュースリリースより)


実証実験ではシャープ製の縦20インチのシースルー型ディスプレイを1台設置。


このディスプレイは、カラーフィルターを用いること無く、R(赤)、G(緑)、B(青)の光源の点灯に合わせて画面を切り替えることで、シースルーのカラー映像を表示。

また放映するコンテンツによりシースルーの有無を調整することができるため、透過型ホームドアで表現している駅空間の広がりを活かしたまま、コンテンツを放映することができる。


豊洲駅透過型ホームドア シースルーディスプレイ

シースルーディスプレイの映像(東京メトロニュースリリースより)


今回の実証実験では、通常のディスプレイとの視認性の比較、地下駅の環境に適した映像の検討及び技術的な課題の把握を行い、今後のディスプレイ展開に活用してゆく。


試験期間は2015年9月19日(土)から半年程度。設置箇所は有楽町線豊洲駅4番線(和光市方面行ホーム)の先頭より2両目の透過型ホームドア。


透過型ホームドアでシースルーディスプレイの実証実験を行います - 東京メトロニュースリリース

シャープのシースルーディスプレイを東京メトロ豊洲駅で実証実験 - シャープニュースリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ