「JR東日本アプリ」、列車位置情報の提供路線拡大へ 東海道線など

  • 公開 2015.09.29

JR東日本は9月29日、同社提供のスマートフォン用アプリ「JR東日本アプリ」のコンテンツ「列車位置情報」の提供対象路線を拡大すると発表した。


「JR東日本アプリ」列車位置情報の表示方法(JR東日本プレスリリースより)


「JR東日本アプリ」の「列車位置情報」は、対象路線の各列車の位置がリアルタイムで分かり、遅れている場合は遅れ時分も表示するもの。

9月30日(水)から新たに東海道線、宇都宮線、高崎線、常磐線(快速・普通)、常磐線(各駅停車)の5路線が追加される。

また、今回より各列車の行先や列車種別、編成両数といった詳細情報も分かるようになる。


9月30日から新たに提供する路線(計5路線)


  • 東海道線(東京~湯河原)
  • 宇都宮線(上野~黒磯)
  • 高崎線(上野~神保原)
  • 常磐線快速・普通(品川~羽鳥)
  • 常磐線各駅停車(綾瀬~取手)

すでに提供している路線(計6路線)


  • 湘南新宿ライン(高崎~小田原、宇都宮~逗子)
  • 京浜東北線・根岸線(大宮~大船)
  • 中央線快速(高尾~東京)
  • 中央線・総武線各駅停車(三鷹~千葉)
  • 埼京線・川越線(川越~大崎)
  • 武蔵野線(府中本町~西船橋)

「列車位置情報」で見ることのできる情報


  • 列車の在線位置
  • 遅れ時分(1分単位で表示)
  • 行先(※)
  • 列車種別(※)
  • 編成両数(※)

※…今回新たに提供する情報


「JR東日本アプリ」で列車位置情報を提供する路線をさらに拡大します - JR東日本プレスリリース


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ