JR東日本、首都圏276駅に駅ナンバリング導入へ 主要乗換駅には3文字コードも

  • 公開 2016.04.06

JR東⽇本は4月6日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技⼤会の開催を⾒据え、⾸都圏エリアへ「駅ナンバリング」を導⼊すると発表した。


JR東日本の駅ナンバリング イメージ(JR東日本プレスリリースより)

JR東日本の駅ナンバリング イメージ(JR東日本プレスリリースより)


駅ナンバリングは、「JY」などの路線記号と「18」などの駅番号を組み合わせて表⽰するほか、多くの路線が乗り⼊れる駅については、それぞれの路線記号や駅番号とは別にアルファベット3⽂字からなる「スリーレターコード」を表⽰する。


JR東日本の駅ナンバリング表示イメージ(JR東日本プレスリリースより)

JR東日本の駅ナンバリング表示イメージ(JR東日本プレスリリースより)


駅ナンバリングの導入は2016年10⽉1⽇以降、⾸都圏エリア276駅に順次導⼊する。

また同社グループ会社である東京モノレール⽻⽥空港線においても10⽉1⽇以降、同様の駅ナンバリングを実施する。


JR東日本の路線記号一覧(JR東日本プレスリリースより)

JR東日本の路線記号一覧(JR東日本プレスリリースより)


スリーレターコード表示駅一覧(JR東日本プレスリリースより)

スリーレターコード表示駅一覧(JR東日本プレスリリースより)


関連記事


寝台列車「カシオペア」車両を使用した臨時列車を運転へ

JR新宿駅に新たな出入口「ミライナタワー改札」オープン

国内最大の53両展示!一足早く京都鉄道博物館に行ってみた【徹底紹介】


⾸都圏エリアへ 「駅ナンバリング」を導⼊します - JR東日本プレスリリース


鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook



鉄道新聞 公式アカウント

@tetsudoshimbun - 公式Twitter

鉄道新聞Facebook - 公式Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ