フリーワード検索

駅弁・グルメ

2015/02/27 20:15

九州にスイーツ列車「或る列車」デビューへ ”明治期のななつ星”が復活

Posted by 鉄道新聞

JR九州は2月25日、大分や長崎エリアで2015年夏以降に運行する観光列車の名称を「JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車(あるれっしゃ)」とすると発表した。


「或る列車」ってどんな列車?


モチーフは、”明治時代のななつ星”


1906年に九州の鉄道会社が発注したものの、殆ど日の目を見なかったアメリカ製の幻の豪華客車、通称「或る列車」。

鉄道模型の制作・収集家であった故・原信太郎氏が制作した「或る列車」の模型を元に、JR九州流にアレンジを加えて観光列車として運行する。


「或る列車」外観イメージ


ゴージャスな車内で軽い食事やスイーツ


車内では、地元の食材を使った「スイーツコース」が提供される。監修は、東京南青山のミシュラン二つ星レストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ、成澤由浩氏。

パンやスープ等の軽い食事から始まり、スイーツを3品、最後にミニャルディーズ(焼き菓子)を楽しめる。


「或る列車」の車両・車内


デザイン・設計は、寝台列車「ななつ星」などをデザインした水戸岡鋭治氏。従来型の気動車2両を改造し、外観は模型「或る列車」をベースに、金と黒、唐草模様をあしらう。

車内にはテーブル席と2名用の個室を用意。厨房やサービスカウンターも備わる。


1号車 テーブル席


1号車はロマンチックな色・クラシカルな形、素材は明るく優しいメープル材を使用したテーブル席車両。


或る列車 車内

「或る列車」1号車 車内イメージ


2号車 個室席


2号車は落ちついた色とウォールナットの組子に囲まれた個性的なコンパートメント(個室)車両となっている。


或る列車 個室

「或る列車」2号車 車内イメージ


どうやったら乗れるの?


「或る列車」は、通常のように切符を購入するのではなく、旅行センター・旅行会社で「旅行商品」としての予約が必要となる。


運行開始日


2015年夏より、週末を中心に運行。


運行区間


大分駅~日田駅 1往復/日(2015年夏季)
佐世保駅~長崎駅 1往復/日(2015年秋季以降)


発売箇所


JR九州旅行支店、JR九州の駅旅行センターや大手旅行会社などの旅行商品として発売する予定。


料金


おとな一人20,000円~(基本プラン料金;2人席を2名で利用する場合)

基本プランは運行区間の片道JR料金、スイーツコース、ドリンク代等を含む。
個室利用の場合など別途料金が必要。


詳しい運転時刻や運転日、停車駅などについては改めて発表するという。


新しいD&S列車の列車名など決定! - JR九州プレスリリース


画像提供:JR九州


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ








  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび