フリーワード検索

話題

2016/07/21 10:02

大井川鐵道「SLトーマス・ジェームス号」に乗ってみた 2016攻略ガイド

Posted by 鉄道新聞

【2016/07/22 写真追加・記事更新】


静岡県の大井川鐵道で、昨年に続き2016年もSLトーマス号・ジェームス号が登場。6月から運行しているトーマス号に続き、7月23日からはジェームス号の運行もスタート。トーマス・ジェームス号に乗ってみました。


大井川鐵道「SLトーマス・ジェームス号」に乗ってみた 2016攻略ガイド

大井川鐵道「SLトーマス・ジェームス号」に乗ってみた


大井川鐵道「SLトーマス号・ジェームス号」


2016年10月10日まで計174本を運行。運転日によってそれぞれのみ運転の日や、両方とも走る日があります。運行日には「トーマスフェア」も開催。また今年は初の自動車キャラクター「バスのバーティー」も登場します。

今日は「トーマス・ジェームス」両方を連結した特別列車に乗車してみました。


乗る前から楽しむ!新金谷駅では車両整備工場見学も


SLトーマス・SLジェームスの始発駅、新金谷駅にやってきました。トーマスとジェームスが車庫でスタンバイ中。



運行日には、普段は見られない車両整備工場内の見学も実施(小学生以上、入場料500円・特製缶バッジ付)、転車台の底面に下りてSLを見上げて撮影することもできます。




今日は特別にトーマスとジェームスの2両を連結(重連)して運行されました。


新金谷駅から乗車



新金谷駅のホームに入線。SL運転士の格好もトーマス仕様!



今日は特別に、トップハムハット卿も登場。



客車の車内も、トーマス仕様に。発車するとトーマスやジェームスの声による放送もありますよ。



かわいいトーマス弁当やお茶・水も販売されています。



売店でも売っていない車内販売限定のトーマスグッズやお土産の販売もあります。



ひっぱるとトーマスが走りだすおもちゃはお子様に大人気。



また、SLトーマス号の乗車記念パネルや帽子の貸し出しもあり、記念撮影ができます。



バスのバーティに会えるチャンス!


画像提供:大井川鐵道


SLトーマス・ジェームスの運転日には、自動車キャラクター「バスのバーティー」も同じ時間帯を走行。タイミングがあえば、仲良く並走することも!



この日も途中線路と並行する道で、バーティーと並走!並走時はトーマスが車内放送で教えてくれます。バーティーとどんな会話をしたのかな!?


千頭駅



終点の千頭(せんず)駅に到着。折り返しに備え、トーマスやジェームスは方向転換をする準備に入ります。



トーマスフェアに行こう(千頭駅)



千頭駅ではSLトーマス、ジェームス号運転日に「トーマスフェア」が開催されます(入場料:小学生以上500円、小学生未満無料)。



フェアではトーマスとなかまたちが大集合(今日は特別な並びとなります)。



パーシー(写真左)・ヒロ(写真中央)は運転台に上って、運転室が見学できます。おしゃべりもしていました。



トーマス号やジェームス号の転車風景が見られます。人力で転車台を動かしているんですね!



「ひな壇型観覧席」なので後ろからでもよく見えます。「こども優先ゾーン」もありますよ。



「ラスティー」は貨車を引っ張り、千頭駅構内1往復およそ300mを遊覧運転します。


遊覧運転イメージ 画像提供:大井川鐵道



遊覧コース内からは、いたずら貨車・いじわる貨車が近くに見えます。


このほかにも、トーマスフェア(千頭駅ゾーン)では、トーマスミニSL運転(小さいながらホンモノの蒸気機関車)、レールの上を自転車のように走るレールスターの体験、コイン式のバッテリーカーのコーナーなど盛り沢山です。


駅隣接の「音戯の郷」でもトーマスフェア


画像提供:大井川鐵道


駅を出て、左側に進みます。踏切を渡ると、新金谷から到着したバスのバーティーが音戯の郷ゾーン入口あたりでひとやすみしています。



そしてその先にある、千頭駅隣接の道の駅「音戯の郷」でもトーマスフェアが行われています。



購入済みの「千頭駅ゾーン トーマスフェア入場券」を提示すると、入館料が割引(大人通常500円→200円、小中学生通常300円→100円)に。



「トーマスフェア」音戯の郷ゾーンでは展示コーナーや体験コーナー、ゲームコーナーなど、特にお子さまが楽しめる構成になっています。



屋内なので、暑い日でも涼みながら遊べます。



「音戯の郷」館内には赤ちゃん休憩室やカフェもあります。


新金谷駅に戻り…




始発駅の新金谷駅に戻ってきました。トーマス号(ジェームス号)が新金谷駅の転車台で転向作業を行ないます。

また15:00~17:00にも車両整備工場見学が行われます。


SL塗料の「黒いポスト」から手紙を出そう!



新金谷駅前には黒い丸ポストが設置されます。この黒色、大井川鐵道のSLに使う塗料で塗られているんです。

ここで投函した郵便物には独自の風景印(SLと茶娘)が押されるので、旅の思い出を綴って記念に出してみてはいかがでしょうか!


SLトーマス号・ジェームス号に乗るには!?


SLトーマス号・ジェームス号2016年は6月11日~10月10日の期間に、のべ77日間、計174本を運行。乗車券は「ローソンチケット」にて抽選申込方式での販売のほか、残席がある場合はインターネット追加受付なども行います。



SLトーマス号・ジェームス号の運行日やダイヤ、予約方法などの詳細や、「トーマスフェア」のイベント詳細は同社ホームページに掲載されています。


2016きかんしゃトーマス号運転について - 大井川鐵道

【ことしもたのしい!!】トーマスフェア2016の開催について - 大井川鐵道


【動画】当日のSLトーマス・ジェームスの様子





(c)2016 Gullane (Thomas) Limited.

撮影(特記以外):福岡誠







  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび