新幹線車内で注いでもらう『お店のような生ビール』神泡限定登場!体験してみた

  • 公開 2019.02.06

東海道新幹線で、"お店のような生ビール"の販売が期間限定でスタート!その様子を写真でレポートします。



サントリーの缶ビール「ザ・プレミアム・モルツ」をパーサーが『神泡サーバー』を使って注ぐことで、クリーミー泡の乗ったビールを楽しめるというもの。



「神泡セット」専任のパーサーさんがやってきました。



コレが目印!"神泡"の「ザ・プレミアム・モルツ」とオリジナルおつまみ(チーズおかき)のセットで500円です。



これが『神泡サーバー』。超音波によって、注ぐときにお店で飲むようなクリーミーな泡の乗るビールになります。



1セットお願いしてみます。新幹線の中でパーサーがその場で注ぐのは新鮮な光景!



どんどん注がれていきます。



おおっ、細かい真っ白な泡が乗ってきた!



もうすぐ出来上がりです。



ふたをして、完成!



こぼれることがないよう、また窓側の乗客にもスムーズに渡せるよう、黒いトレーを使って渡します。



今回の「神泡セット」に付くオリジナルおつまみ。サントリーがこの神泡ビールに合うものを監修したとのこと。



今回の新幹線販売でしか手に入らないパッケージの特別感がイイですね。



缶のままではない、車内注ぎたてビールは格別!駅弁のお供にもいいですね~



ちなみに「神泡サーバー」は飲食店やBARなどにある『業務用』と、缶に取り付けるハンディタイプの『家庭用』(2018年550万個配布)が存在。



今回『家庭用』がリニューアルし、毎回洗浄する必要がなくなったため新幹線の車内でも使用できるようになり、サントリーがJR東海側に声をかけてこの企画が実現したとのこと!



神泡セット専任パーサーは、対象列車(特定「のぞみ」)各1名乗務。販売は8号車からスタートし16号車で折り返し、1号車に向かう予定だそう。狙いたい方はご参考に!


(【2019.2.7】当初「販売は7号車から」と記載しましたが、7号車から乗り込むものの販売は8号車からとなる旨補足を頂きましたので修正させて頂きました)


東海道新幹線「神泡セット」販売期間・実施列車

東海道新幹線「神泡セット」販売期間・実施列車


実施期間は2019年2月6日~4月2日で、夕方の出張帰りの乗客が多くなる上記の特定「のぞみ」限定、「東京~名古屋」間で販売されます。


ちなみに新型電動式の「神泡サーバー」(家庭用)、2019年3月19日より全国のスーパーマーケットなどで缶ビール「ザ・プレミアム・モルツ」を12本以上購入すると貰うことができますよ!


動画



関連記事



東海道新幹線の品川駅にIC専用改札が初出現(2019/02/05記事)



やっぱり可愛かった…!ハローキティ新幹線に乗る(2019/01/31記事)



奈良は本当に『うまし うるわし』か!? 新幹線に乗って確かめてきた(2019/01/21記事)






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!