走るレストラン『食堂車』の歴史を紐解く!鉄道博物館の企画展に行ってみた

  • 公開 2019.09.13

2019年9月13日、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で企画展「走るレストラン~食堂車の物語~」がお披露目されました。その様子を写真を中心にレポートします。



企画展「走るレストラン~食堂車の物語~」って?


列車に乗って、移り行く車窓風景を眺めながら美味しい料理に舌鼓を打つという特別なひとときを演出してきた食堂車

日本では今から約120年前に山陽鉄道が食堂車を連結したことからはじまります。以来、社会情勢生活スタイルの移り変わり等の影響を受けながら、食堂車もまた内装や調理設備、メニューなど、あらゆる面で変化を遂げてきました。その歴史を紐解き鉄道と食の関係を紹介する企画展です。


Ⅰ 食堂車のはじまり【1860年代から1900年代初めまで】


まずは国内外の食堂車の始まりを知ることができます。

1873年のフランスの調理車の設計イラスト。

日本で最初の食堂車の車内(山陽鉄道)など貴重な写真が沢山

山陽鉄道の食堂車テーブル再現なども

九州鉄道の幻の食堂車の紹介


Ⅱ 鉄道国有化後の食堂車【1900年代初めから1940年代半ばまで】


変化し始める食堂車。戦前は食堂車の最も華やかな時代でした。


Ⅲ 食堂車の廃止と復活【1940年代半ばから1950年代半ばまで】


戦争が激化し、1944年3月末をもって食堂車は一度すべて廃止されます。

食堂車連結中止の案内といった貴重な資料も

進駐軍専用列車の食堂車内などの写真も

戦後、食堂車も5年ぶりに営業を再開します。

食堂車営業再開のご挨拶。


Ⅳ 食堂車の時代【1950年代半ばから2000年代まで】


列車の高速化に伴い軽食を楽しむビュッフェなども誕生。

かつての寝台特急、北斗星・出雲の食堂車椅子の実物展示も


Ⅴ 食と鉄道の新しいカタチ


列車の高速化と引き換えに姿を消すと思われた食堂車、ここにきて新たな列車と食事の関係が生まれています。

クルーズトレイン「トランスイート四季島」の厨房の様子。廊下から調理の様子を見ることができます


蘇る!昭和13年当時の食堂車「洋食定食」メニュー


まるで食堂車のような館内レストラン「トレインレストラン日本食堂」。

企画展期間中、かつての食堂車洋食をイメージしたメニューも登場

「ダブルビーフステーキ」


今回ご紹介した資料は企画展の中のごく一部。もっともっと載せたいところですが、このくらいにしておきます。詳しくはぜひ鉄道博物館に足を運んでみて下さいね!

企画展「走るレストラン~食堂車の物語~」の会期は2019年9月 14日(土)~2020 年1月19日(日)まで、本館2Fスペシャルギャラリー1で開催されます。通常の鉄道博物館入場料のみで入れます。



まるで食堂車!鉄道博物館「トレインレストラン日本食堂」に行ってみた(トレインレストラン日本食堂の詳細レポート。2017/09/06記事)



お披露目された鉄道博物館『新館』 広大な4フロアの見どころはココだ!(鉄道博物館新館レポート。2018/06/26記事)






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ