【式典レポ】東海道新幹線「N700S」ローレル賞授賞式を開催

  • 公開 2021.10.30
  • Posted by 福岡 誠

2021年10月30日、東海道新幹線「N700S」のローレル賞授賞式が行われました。その様子を写真を中心にレポートします。



「ローレル賞」は、「鉄道友の会」が毎年1回、候補車両に対する会員の投票結果を参考にして、選考委員会が審議して優秀と認めた車両に贈られる賞です。N700Sは2021年ローレル賞選定車両となりました。



東京駅19番線ホームで開催された式典では、鉄道友の会より表彰状・盾の授与、くす玉割り、除幕式などが行われました。





N700Sは編成両数を柔軟に構成可能な標準車両の実現、高速鉄道としては世界初となるバッテリ自走システムの搭載、倒した角度によらず常に疲れにくい姿勢を維持できるグリーン座席、モバイル用電源を全席に設置した普通車、また更なる安全・安定輸送の確保のために車両監視機能の強化や車内防犯カメラの増設などが評価されました。



N700Sトピックス


今後、標準車両としての特長(大規模な設計変更をすることなく各地域のニーズに合わせた柔軟な編成構成が実現可能)を活かしてN700Sは西九州新幹線(6両編成)へ展開が計画されています。



また、N700S営業車の一部の編成に地上設備の状態監視機能を搭載します。営業車の一部の編成に搭載することで、従来よりも高頻度に地上設備の計測を行うことが可能となり、検査の省力化や乗り心地の向上が可能となります。

N700S営業車の3編成に、状態監視システムを搭載します。軌道状態については、より高頻度に計測を行うため、さらに別の3編成にも「軌道状態監視システム」を搭載します。現在、計測機器を搭載した車両を順次投入し、試験的な計測を行っており、2022年に運用を開始する予定です。


JR東海のN700Sは、授賞式当日現在19編成がデビューしており、2023年度までにN700Sを計40編成導入する予定となっています。


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ