赤いN700S!

N700S「かもめ」ってどんな新幹線!?九州新幹線長崎ルート車両

  • 公開 2020.10.28
  • Posted by 福岡 誠

2020年10月28日、JR九州は九州新幹線武雄温泉~長崎間(長崎ルート)の列車名を「かもめ」とし、車両はN700Sを導入すると発表しました。


ヘッドラインニュースでは既にお伝えしましたが、一体どんな新幹線!?改めてご紹介します。


N700S「かもめ」って?


2022年秋頃に開業予定の、九州新幹線 武雄温泉~長崎間(長崎ルート)用の車両。


ベースとなるJR東海のN700S新幹線(16両編成)


JR東海が2020年7月より営業投入しているN700Sがベースの6両編成です。


N700S「かもめ」のココがポイント!


現時点で分かっている中から、ポイントを3つご紹介します。


①N700Sが東海道・山陽新幹線以外にもデビュー


N700Sは東海道新幹線に2020年7月にデビューしたばかりの新型車両


短編成(8両編成)で試験をするJR東海のN700S


普通車の通路側含め全席コンセント装備など様々な特徴がありますが、このN700Sの大きな仕様の1つとして、『16両編成の基本設計そのままに短編成も組むことが可能』というものがあり、今回それが早速生かされ、『6両編成のN700S』が誕生します。


②色はガラリと変わり、白と赤に


JR九州の列車デザインでおなじみの水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けます。N700Sでありながら、白に青いラインではなく、白+下の部分が赤色ということで、印象は大きく変わりそうです。


九州新幹線N700S「かもめ」外観イメージ


③長崎ゆきの伝統愛称「かもめ」継ぐ


列車名は「かもめ」。1961年から長崎行きの特急列車として運行を開始、現在も博多~長崎間を結ぶ特急の名称として約60年の間親しまれてきた名称を継ぐことになります。


新幹線「かもめ」指定席車内イメージ


車内は九州新幹線800系「つばめ」同様、指定席は2-2、自由席は2-3列。壁面や天井の形状はもちろんN700Sですが、座席モケットや床など内装や雰囲気はベースの東海道新幹線N700Sと比べてガラリと変わりそうです。


新幹線「かもめ」自由席車内イメージ


また車内外には、現在の特急「かもめ」のロゴマークが継承されます。


N700S「かもめ」、いつから乗れるの?


九州新幹線 武雄温泉~長崎間は2022年秋頃開業予定となっています。長崎ルート新幹線の区間開業により、博多~長崎間を鉄道移動する場合、博多~武雄温泉間はリレー列車、武雄温泉で接続する新幹線に乗り換えて長崎へ、という形になります。


【追記】JR九州によると、九州新幹線 武雄温泉~長崎間開業後、博多〜武雄温泉間を走行し、新幹線に接続する列車を「リレーかもめ」と呼ぶことになるとのことです。





編集長速報動画



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!